園芸科果樹コース実習風景

園芸科果樹コースでは、ブドウのせん定を行っています。この作業は、木の活動が完全に止まる厳寒の1~2月に、芽の充実した枝を残し、せん定します。乱雑に伸びた枝を整理することで作業効率が上がり、樹木の勢い(樹勢)を整えることを目的としています。