酪農ふれあい体験授業 in 三田市立三輪小学校

11/29(金)、三田市立三輪小学校へ、本校及び農家さんが飼育している仔牛6頭を連れていき、酪農ふれあい体験授業を行いました。

体験授業では、本校の生徒が仔牛への哺乳や心音を聞く体験の補助を行うとともに、小学生に哺乳のやり方などを教えながら交流を行いました。

 

また、小学生からの質問コーナーでは「ウシは何歳まで生きるんですか。」、「なんで毛の色は白と黒なんですか。」、「日本にはウシは何頭ぐらいいるんですか。」など多くの質問があり、1つ1つ丁寧に答えました。

                          

そして体験授業終了後、ふれあい体験をした3年生の児童と一緒に給食を食べ、別れの時は一緒に合唱するなど楽しく交流を行いました。

今回の酪農ふれあい体験授業を通して、生徒たちは終始笑顔で小学生と交流し、とても良い表情で「とても楽しかった。」、「また行きたい。」などと言っていました。