畜産科農業実習(酪農実習) 6月25日(火)

6/25(火)5,6時間目の2年生の総合実習で、校内家畜審査競技「乳用種雌牛の部」を実施しました。前回の総合実習にて学んだホルスタイン種雌牛審査基準をもとに4頭のウシを観察し、また実手で皮膚被毛の感触を確認して、乳牛の体貌や乳器などを比較し順位を付けました。正答率は45%で観察し良いウシを選ぶ難しさを痛感しました。

今回実施した家畜審査競技にかかる知識・技術は、乳牛の生産能力等を的確に判定し、酪農に従事するために必要となる技術です。今後も酪農に関する知識・技術の習得を目指して勉強します。