サイエンス部だより8

カスミサンショウウオ その後

6月21日のサイエンス部だよりで紹介したカスミサンショウウオ(通称「カスミン」)のその後の経過をお知らせします。

捕獲した時はエラを持つ幼生でしたが、その後成体になりました。

成体になってからは水中で過ごす時間より、陸上で過ごす時間が増えました。

エサは「生餌しか食べない」と言われていますが、冷凍アカムシでの餌付けに成功しました!

サンショウウオは両生類ですので、気温が下がると冬眠します。しかし、今は室内で飼育しているため、気温があまり下がらず、元気に活動中です。

また機会を見てカスミンその後2を報告します。