ブラジル研修の様子【6日目】

11月9日(木) 研修第6日目

7:15各ホームステイ先のホストファミリーに送っていただき、マリンガ文化体育協会に集合。研修生の体調を確認後、本日の研修先であるアプラカーナ農業高校へ向けて出発しました。到着後、現地生徒による歓迎会があり、この地区に伝わる農家のダンスを披露していただきました。研修団の紹介では、研修生一人ひとりがポルトガル語で自己紹介をしました。次に、交流会が行われ、日本では、どのような教科があるのか?現在の季節は?何故ブラジル研修に参加したのか?などの現地生徒からの質問に、研修生で相談をしながら回答していました。ブラジルと大きく異なる点に先生方も含めて驚いた様子でした。

次に、研修生代表者が学校で取り組んでいる研究活動について発表を行いました。発表後は、現地生徒から質問たくさんあり、日本の農業高校生が行う研究のレベルの高さに感心していました。午前のプログラムが終わり、食事休憩の後、30分程度、現地生徒と一緒にサッカーで汗を流していました。午後からは、2班に分かれて実習に取り組みました。栽培系班ではキャッサバの定植作業をしましたが、ブラジルの土の固さに苦労していました。飼育系班では、乳牛、豚、鶏、羊などの家畜の飼育方法について現地生徒から説明を受けながら、ブラジルの畜産について質問をしていました。実習後は、アプカラーナ農業高校の先生から生徒たちの研究内容についての説明を受け研修が終了しました。帰りは、日系人が経営するスーパーの見学を行い、農産物の種類や価格について教えていただきました。

18:30マリンガに到着後、各ホームステイ先へと戻りました。曇りがちであった天気も今日は晴れて暑い1日となりましたが、研修生全員元気に研修に取り組みました。

 

↑アプカラーナ農業高校研修終了   ↑研修生自己紹介

↑研修生代表プレゼン         ↑羊の飼育