第41回兵庫県高等学校総合文化祭に出演しました

播磨農業高校の郷土伝統文化継承クラブは今年、総合文化祭芸能部門において幹事校となり、本校の生徒が開会・閉会の挨拶を行いました。

県下の郷土芸能クラブ7校とゲスト出演の大阪府立成美高等学校、播州加西あばれ太鼓が出演し、それぞれの地域の郷土芸能を発表しました。高校生たちが郷土の伝統を引き継ぎ若さあふれる演技を披露し、会場が盛り上がり熱気にわいた発表会となりました。今までの練習の成果を発揮する事ができました。

宣伝不足のため観客が少なかったことが残念でしたが、今後沢山の人たちに高校生が郷土伝統文化を引き継いでいることを知ってもらいたいと思います。

播磨農業高校は「寿・式三番叟」を鈴持ち、箱持ちも加えて6人で演じました。いつもより上手く演じられたのではないかと思います。