JA全農「酪農の夢 出張授業」が実施されました

平成31年2月18日(月)畜産科1・2年生を対象に「酪農の夢  出張授業」が実施されました。
JA全農では、現在減少しつつある酪農家の後継者育成のための活動として、高校生を対象に酪農の授業を実施されています。この活動は日本コカ・コーラ株式会社の「5by20/2020年までに女性実業家を500万人までふやす支援活動」に賛同したJA全農が、女性酪農家の育成とともに日本の酪農の維持・発展を目指し日本コカ・コーラ株式会社と共同で取り組まれています。
日本コカ・コーラ株式会社及びJA全農の担当の方より説明を受けた後、女性酪農家の柴田様(秋田県)・長崎様(滋賀県)より自身の牧場 での活動や酪農のやりがいや社会的意義についてお話をいただきました。

お話の後、質問にも応じていただき、最後に本校の酪農現場を実際に見学していただきました。生徒1人1人にとってとても貴重な授業をしていただき本当にありがとうございました。

「北播磨地域夢会議にて発表を行いました」

216日(土)フラワーセンターにて開催された「北播磨地域夢会議」において、本校のはりまのちっちゃな台所班のメンバーが、発表と意見交換会を行いました。

 北播磨地域のビジョンの実現に向け、地域に生きる人それぞれが地域のことを考え、地域像を展望する機会であり、当日は金澤副知事をはじめ、北播磨県民局長や加西市・小野市など北播磨地域の市長、県議会議員などが来賓として出席されていました。

 加西市地域創生活動として播磨の農産物を使ったレストランをプロデュースする活動内容を発表しました。産官学連携による本活動は、今年で3年目の年です。3月には開業を目指しています。堂々とした発表に、多くの方から励ましとお褒めの言葉をいただき、生徒たちの自信につながりました。