第52回卒業証書授与式

52回生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

本日2月27日(水)第52回卒業証書授与式が挙行されました。

少し肌寒い、晴天の中、ご来賓・保護者の方々に見守っていただき、卒業生が本校を巣立ちました。

 

2学年の送辞です。先輩への感謝・尊敬の念と播農を担っていく学年としての強い思いが伝わりました。

答辞に続き卒業生の送辞では、入学した頃の思い、勉強や部活動、農業高校ならではの当番実習や課題研究の苦労話やそこから得られた喜び、修学旅行や体育大会などクラスの絆を深めた行事の思い出が語られました。最後には学年団の先生や保護者、後輩、自分を支えてくれた多くの方々への感謝の気持ちが伝わる卒業生1人1人の思いに会場が包まれました。

                       

保護者代表の挨拶に続き学年主任からの挨拶です。

最後のホームルーム風景です。

最後になりましたが、本日、来校された保護者の皆様、ご来賓の皆様、ありがとうございました。また、多くのご祝詞を頂きましたこと、心より御礼申し上げます。

わかつが から つがまつ へ

顕彰式の後、つがまつ会(同窓会)入会式が行われました。

播磨農高生である間はわかつが会(生徒会)の一員として卒業すればつがまつ会(同窓会)の一員となります。つがまつ会の方から歓迎の挨拶が行われました。明日27日の卒業式に先立って同窓生の仲間入りです。昨日までの自分(わかつが)と明日からの自分(つがまつ)を見つめる機会にもなったひとときでした。

 

卒業式予行・顕彰式

本日26日(火) 明日27日(水)の卒業式に向けての予行が行われました。予行の後、顕彰式が行われました。

3学年は朝から学年で練習を行いました。久しぶりの再会に賑わいでいましたが、練習がはじまると緊張感のある厳粛な雰囲気に一転しました。3限目からは、在校生も加わり、校歌等の歌唱練習を行い、予行を行いました。

予行の後、兵庫県庁や加西市長からの感謝状をはじめ多くの団体から賞が贈られ、部活動賞や皆勤賞等、校内表彰も多くの生徒が受賞しました。

第3回農業鑑定実施!

本日、2月21日(木)より学年末考査がはじまりました。学年を締めくくる最後の大切な考査です。本校では1・2学期中間考査と学年末考査時に体育館にて全校生徒が参加して農業鑑定競技を行っています。実物などを用いて生徒の農業に関する知識・技能を伸ばす農業高校ならではの試験です。

体育館に並べられた椅子の上に問題が置かれ、1問20秒という限られた時間の中で問題に挑戦します。

結果が待ち遠しい生徒も多く、体育館を出る際には友人同士で答え合わせをする生徒も多く見られました。

JA全農「酪農の夢 出張授業」が実施されました

平成31年2月18日(月)畜産科1・2年生を対象に「酪農の夢  出張授業」が実施されました。
JA全農では、現在減少しつつある酪農家の後継者育成のための活動として、高校生を対象に酪農の授業を実施されています。この活動は日本コカ・コーラ株式会社の「5by20/2020年までに女性実業家を500万人までふやす支援活動」に賛同したJA全農が、女性酪農家の育成とともに日本の酪農の維持・発展を目指し日本コカ・コーラ株式会社と共同で取り組まれています。
日本コカ・コーラ株式会社及びJA全農の担当の方より説明を受けた後、女性酪農家の柴田様(秋田県)・長崎様(滋賀県)より自身の牧場 での活動や酪農のやりがいや社会的意義についてお話をいただきました。

お話の後、質問にも応じていただき、最後に本校の酪農現場を実際に見学していただきました。生徒1人1人にとってとても貴重な授業をしていただき本当にありがとうございました。