西脇工業高校とコラボ!

西脇工業高校とコラボし、雄豚の精液採取に用いる擬牝台を作成していただきました!寸法を測定し設計についても話し合いを重ね、ようやく完成したものが本校の豚舎に届きました。これで人工授精も実施可能です!
雄豚が乗っかるので、雄豚のサイズに合わせながら作成してもらうのは大変でしたが、実際に運搬していただいた日に本校の秀吉の精液採取をすることができました。

西脇工業高校の3年生が課題研究で作成してくださった擬牝台を今後も大いに活用していきたいと思います。ありがとうございました!

 

 

 

1学年(54回生) 新春百人一首かるた大会

1月29日(火)、体育館にて学年全体で百人一首かるた大会を開催しました。各クラス3グループずつと農業経営科,園芸科,畜産科から選抜された生徒のグループを合わせて10グループに分かれて行いました。                      

読み札が読まれると、みんな真剣な眼差しで札に向き合い一生懸命探していました。そして、札が取られるとそれぞれのグループから歓声が上がりました。各グループそれぞれ盛り上がりとても良い大会となりました。                       

大会終了後、1学年の各先生の名を冠した賞を表彰しました。今回の百人一首かるた大会は学年全体の親睦を深め、また古典文学に触れる良い機会になりました。

 

【ボランティア同好会】加西市「ボランティアのつどい」に参加しました

1月19日(土)に、加西市社会福祉協議会が主催した「第20回ボランティアのつどい」に7名の生徒が参加しました。

「ボランティアのつどい」は加西市内で活動しているさまざまなボランティア団体が一同に集まり、交流と啓発をはかる大きなイベントです。

本校生徒もたくさんの役割をいただいて、ボランティアや市民の方々との交流を図りました。

参加した生徒たちは、運営のお手伝いができたことで大きな自信を得たり、地域の人々に支えていただいていることを実感でき、有意義な一日が過ごせました。

播磨農業高校は、これからもボランティア活動へ積極的に参加して、加西市での地域に貢献していきます!

科学と人間生活【生物実験】

2年生 科学と人間生活の授業において、鶏の脳の解剖実験を行いました。脳の構造については、1年生の生物基礎で学んでいますが実物を目にするのは、ほとんどの生徒が初めてです。畜産科の生徒にとっては専門科目の内容をさらに深める機会にもなりました。

次回は化学実験です。

「加西市役所の花壇の整備」に行ってきました。

園芸科草花デザインコースの3年生が、最後の花壇整備に行きました。

加西市役所周辺にある花壇は、播磨農業高校園芸科草花デザインコースの生徒が、1年間契約を交わして、管理をしています。

デザインから草花栽培、植え付けとその後の管理まで、すべてが本校園芸科生徒によるものです。1年間、お世話をした自分の花壇整備もこれで終わり。2月からは、2年生に引き継ぎます。想いがいっぱい詰まった花壇に別れをした3年生は、もうすぐ卒業です。