兵庫県立フラワーセンターで草花学習を行いました。

2017年11月10日(金)に2年園芸科草花デザインコースの生徒が、フラワーセンターにて校外学習を行いました。フラワーセンターでは多種多様な草花が栽培されており、また日本で1つしかない食虫植物専用温室があるため、生徒達は興味津々。

この日を楽しみにしていただけあり、たくさんの質問を担当者にしていました。担当者は、本校先輩でもある土居課長様。土居さんは、多くの著書やテレビ出演をこなす食虫植物の専門家です。今回は一般の人には公開していない「バックヤード」も見学させてもらい、貴重な品種も紹介してもらいました。帰校後は、たくさん記録したノートをもとにレポートを作成し、振り返り学習をしっかりしました。

 

 

ブラジル研修の様子【9日目】

11月12日(日) 研修第9日目

7:15マリンガ文化体育協会に各ホームステイ先より集合。今日でホストファミリーともお別れです。各ホストファミリーで記念写真を撮影しました。撮影後、研修団を代表して小舟団長よりホストファミリーの方々へ挨拶がありました。4日間という短い間でしたが本当にお世話になりました。7:30マリンガを出発。目的地までの途中で広大な大豆畑の前で記念写真。その後、陸路で国境を越えました。13:00世界遺産であるイグアスの滝(アルゼンチン側)に到着しました。滝までは徒歩でトロッコ列車で移動です。列車が到着後は、遊歩道を大小様々な滝を眺め写真を撮りながら、チャレンジボートがある場所まで歩きました。研修生全員チャレンジボートに乗り、イグアスの滝に向けて動きます。滝の近くまでくると、ボートは横に向きをかえて進んでいきます。この瞬間、全身が水でずぶ濡れになりましたが、研修生たちは大きな声を出して喜んでいました。次に、三国国境(ブ ラジル、アルゼンチン、パラグアイ)を見学しました。長時間のバスの移動やイグアスの滝までの遊歩道を歩き、よく体を動かした1日となりました。 明日は、イグアスの滝(ブラジル側)の見学とサンパウロへの移動、夕方から兵庫県人会との懇親会を予定しています。研修生全員元気です。

イグアスの滝↑             トロッコ列車で移動↑

ホストファミリーとの記念写真①↑   ホストファミリーとの記念写真②↑

ホストファミリーとの記念写真③↑   広大な大豆畑の前で↑

三国国境見学↑