ブラジル研修の様子【4日目】

11月7日(火) 研修第4日目

5:30起床、ブラジルの食事にも慣れてきた様子です。研修生は、自分で食べる量
を調整しながら各自で体調管理もできています。
7:15ホテル出発。予定より少し早くセアーザ市場に到着しました。クリチーバ郊外にある野菜や果物、花の流通市場の見学です。パラナ州で生産さ れた農産物 の約60%が集まる市場です。販売業者が直接買い付けに来る市場であり、流通内で規格外の野菜などは各施設に無償で提供する日本にはな い システムを導入しています。 早朝の市場はとても活気づいていました。11:10ハリマ化成パラナ工場到着。兵庫県からブラジルをはじめ、アルゼンチン、中国、ニュージーランドに拠点を持ち、「松やに」からロジンなどを製造している企業です。製造工程の概要を学習後、実際の製造現場の見学を行いました。12:30クリ チーバ から159km離れたカストロでジャガイモや大豆、トウモロコシなどを栽培している農場見学です。大規模なブラジルの農業を体感し、農場の一部に新都市を 設立する計画が あり、日本では想像することのできない農業者の取り組みに研修生全員が驚いていました。その後、約4時間かけてマリリアへ移動。レストランで夕食 (シュラスコ)となりました。研修生全員元気です。

カストロ山本農場見学↑        セアーザ市場見学↑

ハリマ化成見学↑           本日の夕食↑(シュラスコ)