播磨Agri【ブドウジャムの加工】の様子

10月26日(木)に本校で『播磨Agriスクール』を開催しました。

『播磨Agri スクール』は、生徒とともに楽しく農業実習を体験して頂くために,

地域の人々や保護者を対象として年間7回実施しています。

今回は、ブドウジャムの加工を行いました。

本校で採れたマスカット・ベリーAを使い、果樹コースの3年生と一緒に作りました。

裏ごしから瓶詰までの約2時間の行程で、おいしいブドウジャムができました。

バスケットボール部 加西市民大会に出場しました

10月21日(土)に実施された加西市民大会に出場しました。この大会は、高校生以外のチームとも対戦できる大会です。

男子1回戦 播磨農業 47 - 86 JAWS

この日の本校チームは出場選手が5名だけで、交代選手がいない厳しい試合となりました。

選手層や個々のテクニックでは相手チームの方が上手でしたが、各選手はファールトラブルにならず、最後までしっかりと戦えました。またこの機会を使って、ディフェンスシステムの確認もできました。

この敗戦を活かして、12月から始まる県新人大会東播地区予選に向けて、チーム力の向上に努めます!

女子1回戦 播磨農業 32 - 92 チューボーズ

加西市内の中学3年生を主体としたチームと対戦しました。

選手層が厚く、個人プレーが主体のチームに対し、ゾーンプレスディフェンスやハーフゾーンディフェンスの確認が出来ました。

今回の結果をふまえて、12月に実施される次の大会に向けて、頑張ります!

明石公園で開催された農林漁業祭で販売実習を行いました。

あいにくの雨でしたが、兵庫県農林漁業祭に出展した本校のテントには、開店前よりたくさんのお客様が来られました。毎年本校の農産物を買いに来られる方もいて、とても誇らしい気持ちになりました。また主催者の方よりステージ演示を手伝ってほしいと言われ、急きょ「ためいけマン」の一団となり、子供達とも交流しました。

この販売会を通して、ますます高品質な農産物を栽培するために、日々の学習や実習を頑張ろうと強く思いました。

はりまのちっちゃな台所プロジェクト 『北条の宿はくらんかいへの出店』

地域活性化活動を行っているはりまのちっちゃな台所プロジェクトメンバーが10月21日(土)に加西市で行われた「第10回北条の宿はくらんかい」に出店しました。

台風の接近に伴う雨の中、生徒たちは本校で作った播磨特産ジャガイモである「はりまる」を使用した「〇ごとじゃがあげ」(小さいサイズのはりまるを素揚げしたもの)と「肉じゃが」を販売しました。

雨にもかかわらず、ご購入いただいた方、あたたかいお声がけをくださった方、本当にありがとうございました。

次回は、今回の反省点をいかした商品を11月23日に行われる本校農高祭で出店します。ぜひお越しください。

また、播磨農高生プロデュースレストランにおける経営者募集チラシが完成し、この日より配布を開始しました。

こちらも合わせてよろしくお願いします。

献血セミナーを実施しました

10月18日(水)に本校体育館で献血セミナーを実施しました。

当日は、兵庫県赤十字センター姫路事業所 所長の藤田嘉秀様と同所事業課の品田隆史様が講師を務めていただきました。

限られた時間での講習会でしたが、岩手県の高校生が製作した啓発ビデオを観たり、同じ兵庫県内の高校生が献血ルームのボランティアスタッフとして活動されたお話を、興味深く聞くことが出来ました。

 

来月11月23日(木)に、本校で第52回播磨農高祭が実施されます。この日に献血バスが来場して、献血のボランティア活動を行います。

当日には本校生徒会「わかつが祭」の役員が、本校生のみならず、来場される皆さんにも啓発活動を行います。

播磨農高祭に参加される皆さんの、心温まるご協力をお願いします。