第42回兵庫県高等学校総合文化祭郷土芸能発表会 

第42回兵庫県高等学校総合文化祭郷土芸能発表会

10月27日(土曜日)、 神戸学院大学メモリアルホール(有瀬キャンパス)にて、県下7校の高等学校が、各地区の郷土芸能を発表しました。

本校の郷土伝統文化継承クラブは、毎年「寿式三番叟」を披露しています。日ごろの練習の成果を存分に発揮することができました。

 

女子バレーボール部 選手権大会 結果

9月22日(土)、平成30年度東播高等学校バレーボール選手権大会が加古川総合体育館で行われました。

1回戦 vs 東播磨高等学校

  • 播磨農業 0 (18-25 21-25) 2 東播磨

3年生が出場できる最後の大会でした。残念ながら1回戦で敗退となってしまいましたが、全員が最後まで必死にボールを追いかけていました。

会場まで足を運び応援に来てくださった方々、ありがとうございました!!3年生は今回の大会をもって引退し、ここからは新チームが始まります。少人数ですがみんなで力を合わせて頑張っていきたいと思います!

富合小との交流2(サイエンス部)

9月28日(木)の午後から富合小学校3年生が来校され、本校近くのため池で絶滅危惧種「ミズトラノオ」の観察を行いました。

ミズトラノオはちょうど見ごろで、きれいな紫色の花をつけていました。

小学生たちは加西市に絶滅危惧種があることに驚きながら、葉の付き方や花の細かいところをよく観察し、丁寧にスケッチをしました。また、ため池や里山の環境について説明を受け、人と自然がうまく共生する方法について学ぶことができました。

 

ボランティア同好会 100歳を迎えられたご年配の方の訪問事業に参加しました

9月23日(日)に、加西市が実施している今年100歳を迎えられたご年配の方の訪問事業が行われました。加西市老人会の役員の方々と一緒に、伺いました。

実際にお目にかかると、本当にお元気な姿に感動しました!

ご本人から女学校時代のお話や長生きの秘訣を教えていただいたり、肩もみをさせていただきました。そして、本校生徒が元気パワーをいただけました!

大正、昭和、平成から次の時代を迎えられ、末永くお元気で過ごされることをお祈りしながら、ご自宅を後にしました。

今回の機会を与えていただきました加西市役所健康福祉部長寿介護課と加西市老人会の皆さま、本当にありがとうございました。

 

環境体験学習(サイエンス部)

9月14日(金)の午後、加西市立富合小学校3年生を招いて環境体験学習を行いました。これは環境体験学習の一環として、毎年本校と富合小学校が行っている行事です。

今回の内容は「用水路にすむ生物の観察」で、本校サイエンス部の生徒と行いました。心配していた天候も何とか大丈夫でした!

今回の調査ではメダカ、ドジョウ、モツゴ、タナゴ、ヨシノボリ、ヌカエビ、カワニナ、タニシ、シジミ、カタハガイなど多くの生物を採取できました。生き物が網に入ると、大きな歓声が上がっていました。そして、採取した生物をスケッチしたり、写真を撮ったりして、最後は放流しました。

小学生は想像以上に多くの種類の生物がいることに驚きながら、終始笑顔で楽しそうに体験学習を終えることができました。