寮生サミット開催!(2日目)

昨日から開催された寮生サミット、2日目の様子をご覧ください。

朝の体操からはじまります。

 

昨日の分科会のまとめです。模造紙にまとめ全員の前での発表です。

 

昼食は加西サービスエリアにて播農産ホエー豚をいただきました。

 

 

最後に本校代表生徒による挨拶が行われ2日間にわたる寮生サミットは幕を閉じました。会場内は大きな拍手に包まれ、思わず感極まる生徒もいました。サミットで協議し他校の運営から学んだことはもちろんですが、ホスト校として企画運営にも尽力したことにも本校寮代表者にとっては実り多いサミットであったと思います。この経験を今後の寮運営にも活かし、後輩たちも受け継いでほしいです。

最後になりましたが、今回サミットに参加された京都府立農芸高等学校、鳥取県立倉吉農業高等学校、香川県立農業経営高等学校の皆様、ありがとうございました。

 

寮生サミット開催!(1日目)

近畿・中国・四国の農業経営者育成高等学校に設置された寮に在寮する代表生徒が集まり、各校の課題や改善点について協議、意見交換しました。参加校は、近畿地区から京都府立農芸高等学校、兵庫県立播磨農業高等学校(本校)、中国地区から鳥取県立倉吉農業高等学校、四国地区から香川県立農業経営高等学校の4校が参加し、本校がホスト校として企画、運営しました。その様子をご覧ください。

本校寮長の挨拶にはじまり、各校が寮紹介を行いました。各校パワーポイント等を利用し創意工夫を凝らした紹介に参加者も見入っていました。

 

寮紹介のあとは、本校自慢の農場見学です。果樹コースのぶどう試食も行われ、その甘さに思わず頬も緩み、他校の生徒との会話も弾んできました。

 

続いて本校玉丘寮の紹介です。寮紹介のあとは、場所を近隣の宿泊施設に移し1日目の分科会へと続きます。

 

分科会の様子です。寮生活における問題点改善に向けた取り組みや寮生全員が楽しく参加できる行事運営の方法等を2グループに分かれ意見交換しました。

 

多くの意見がでました。

 

最初は、緊張した様子でしたが途中のコーヒータイムを機に和やかに進行し、充実した1日を終えました。遠方から来校された皆様、本日はありがとうございました。明日もよろしくお願いします。

 

 

 

卒寮式を行いました【玉丘寮】

2月1日(木)17時45分より卒寮式を行いました。
51回生は男子22名、女子11名の33名が玉丘寮で過ごしました。
親元を離れた寂しさに耐え、集団生活に求められる時間や規則を守って、最後まで頑張り抜いた生徒たちに
多くの先生方から祝福と労いの言葉をいただきました。
答辞を読み上げた、生徒の言葉に「周囲の方々の支えにより今の自分があると玉丘寮
は教えてくれた」など、3年間の様々な想いが述べられました。

寮収穫感謝祭を行いました【玉丘寮】

11月28日(火)18時より寮収穫感謝祭を行いました。

学校で生徒たちが栽培・飼育した食材をふんだんに使用した「すき焼き鍋」です。
食材が食卓に並ぶまでの大変さを身をもって学んでいる生徒たちは、自然の恵みに
感謝し、仲間たちを労いながら、その味を噛みしめていました。
たくさんの先生方にも参加いただき、思い出深い収穫感謝祭となりました。

寮生サミットに参加しました!

9月7日(木)~8日(金)の1泊2日寮生サミットが開催され、寮役員6名

が玉丘寮生を代表して参加してきました。
近県の農業経営者育成高等学校に設置された寮に在籍する生徒が一同に会し、
各校の課題やその改善について意見交換を行い、寮運営の向上を図りながら、
相互の親睦を図ることを目的とした行事です。
今年は、京都府立農芸高等学校で行われ、大変お世話になりました。男子のみ
の4人部屋で、本校の寮より厳しい規則の中で、明るく爽やかに寮生活をされ
ている姿を目の当たり にし、本校の良さや課題が見え、勉強になることばかり
でした。
夜は、宿舎にて分科会を行い、互いの寮の実情について協議したり、2日目は
京都伝統工芸大学校にて陶芸・金属加工体験を行うなどして、親睦を深めました。
来年度は、本校がこの大会を運営します。
今回の経験を生かして、現2年生の寮役員を中心に、よりよい玉丘寮を築き上げ
なければならないと決意しました。