JA全農「酪農の夢 出張授業」が実施されました

平成31年2月18日(月)畜産科1・2年生を対象に「酪農の夢  出張授業」が実施されました。
JA全農では、現在減少しつつある酪農家の後継者育成のための活動として、高校生を対象に酪農の授業を実施されています。この活動は日本コカ・コーラ株式会社の「5by20/2020年までに女性実業家を500万人までふやす支援活動」に賛同したJA全農が、女性酪農家の育成とともに日本の酪農の維持・発展を目指し日本コカ・コーラ株式会社と共同で取り組まれています。
日本コカ・コーラ株式会社及びJA全農の担当の方より説明を受けた後、女性酪農家の柴田様(秋田県)・長崎様(滋賀県)より自身の牧場 での活動や酪農のやりがいや社会的意義についてお話をいただきました。

お話の後、質問にも応じていただき、最後に本校の酪農現場を実際に見学していただきました。生徒1人1人にとってとても貴重な授業をしていただき本当にありがとうございました。

男子バスケットボール部 練習試合に行きました!

1月27日(日)に、小野工業高校にお願いをして、練習試合を実施しました。

小野工業高校の男子チームは部員数が多く、顧問の先生が熱心に指導をされている活気のあるチームです。

当日は小野工業高校を2チームに分けていただき、本校チームと合計3チームで10分ゲームを6本しました。

選手が少なくて、チーム内で5対5の練習ができない本校チームにとっては本当に良い機会となりました。特にリバウンドやルーズボールで積極的に頑張る小野工業高校の皆さんに,良い刺激を与えていただきました。

兵庫県新人大会も終わり、各チームが5月上旬から始まる県総体に向けて、新たなチームづくりを始めています。

本校チームもディフェンスを軸に、さらなるチーム力アップに頑張ります!

1学年(54回生) 新春百人一首かるた大会

1月29日(火)、体育館にて学年全体で百人一首かるた大会を開催しました。各クラス3グループずつと農業経営科,園芸科,畜産科から選抜された生徒のグループを合わせて10グループに分かれて行いました。                      

読み札が読まれると、みんな真剣な眼差しで札に向き合い一生懸命探していました。そして、札が取られるとそれぞれのグループから歓声が上がりました。各グループそれぞれ盛り上がりとても良い大会となりました。                       

大会終了後、1学年の各先生の名を冠した賞を表彰しました。今回の百人一首かるた大会は学年全体の親睦を深め、また古典文学に触れる良い機会になりました。

 

【ボランティア同好会】加西市「ボランティアのつどい」に参加しました

1月19日(土)に、加西市社会福祉協議会が主催した「第20回ボランティアのつどい」に7名の生徒が参加しました。

「ボランティアのつどい」は加西市内で活動しているさまざまなボランティア団体が一同に集まり、交流と啓発をはかる大きなイベントです。

本校生徒もたくさんの役割をいただいて、ボランティアや市民の方々との交流を図りました。

参加した生徒たちは、運営のお手伝いができたことで大きな自信を得たり、地域の人々に支えていただいていることを実感でき、有意義な一日が過ごせました。

播磨農業高校は、これからもボランティア活動へ積極的に参加して、加西市での地域に貢献していきます!

1学年(54回生) 防災学習

1月15日(火)、4限のLHRの時間を使い防災学習を実施しました。          24年前に発生した「阪神淡路大震災」を振り返るビデオで、震災を経験された方の話を聴いたり、震災時の映像を観ました。全員真剣な表情で見ていました。

昨年は日本各地で大きな災害が起き、防災に対しての意識が高まっています。「阪神淡路大震災」を風化させることなく後世に伝えていきたいです。