バスケットボール部 ウインターカップ兵庫県大会東播地区予選の結果

7月16日、22日、28日の3日間で、ウインターカップ兵庫県大会東播地区予選に出場しました。

この大会で、男子は上位11チーム、女子は10チームが10月末から実施されるウインターカップ兵庫県大会へに出場権を獲得できます。

詳細な結果は、http://www5e.biglobe.ne.jp/~basket/ をご覧ください。

【男子】 1回戦  × 播磨農業 46-64 明石高専 ○

新チームとして初めての公式戦でした。

相手チームはリバウンドが強いセンターと力強いドライブができるフォワードを主体としたチームでした。

我々は、3名の3年生が県総体後もチームに残りましたので、いつもより選手数が揃いました。

試合の序盤は堅さが見られ、攻守ともにリズムに乗れず、前半終了後には10点以上の差がつきました。

後半は3年生主体で試合に臨みましたが、相手チームのリズムは崩せず、残念ながら敗退しました。

この敗戦を糧にして、夏休みはチームとしての攻守の力をレベルアップするために、頑張ります!

 

【女子】1回戦  × 播磨農業 56-68 西脇 ○

新チーム初めての公式戦でした。相手は、スピードのある選手も多かったのですが、前半から後半にかけてずっとリードをしていましたが、最後の4ピリオドでは特にリバウンド力と得点力において相手の流れにもっていかれ、逆転負けしてしまいました。この結果を踏まえて、夏休みの強化練習をさらに頑張ります!!

 

情報モラル講演会を受講しました

7月10日(火)11時から日本教育公務員弘済会にご協力をいただき、情報モラル講演会を全生徒が受講しました。

講師は、奈良県からお越しいただいた(一社)ソーシャルメディア研究会チーフ研究員の 石川 千明 先生 でした。

スマホをはじめとするネットの世界は日進月歩であり、昨年度に学んだ知識の上に新たな知識の習得が求められています。

石川先生には、具体的な事例や動画を交えながら、とてもわかりやすく教えていただきました。

特に、安易な気持ちで文章や画像・動画を投稿すると、場合によっては逮捕されたり、書類送検されるケースがあることや、高校生のネットトラブルの95%以上がSNSで発生していることは、現実的な事例として、しっかりと受け止めたいと考えました。

 

体育大会

第52回体育大会 天候が危ぶまれていましたが、無事終了しました。生徒の活躍の様子をご覧下さい。

開会前から気合いが入っています。

保護者の皆様も朝早くからありがとうございました。

開会式・選手宣誓です。個性豊かなクラス旗が集結しました。

体育大会定番のリレーです。号砲係、ゴールテープ係、着順係も準備万端で、午前中に予選を行い午後には決勝を行いました。教員チームも出場し健闘しました。

1位になったチームの喜びが伝わってきます。

ムカデ競走です。学科対抗で行われました。学年をこえたチームワーク力が競われました。

1年生の綱引きです。1位になった畜産科はPTAチームと対戦しました。10分以上にもわたる熱戦の結果は・・・・・生徒チーム(畜産科)が勝利しました。

大縄跳びです。昨日の練習でも最も熱が入っていました。今日の本番でも1回でも多く跳ぼうと、どのクラスも気合いが入っていました。

 

播農オリジナル競技の「農業経営者」です。パンを食べ、先生とともに小麦粉の中から飴をさがして、肥料袋を抱えてゴールイン!・・・体育委員の実況中継付きで生徒、教員大盛り上がりの競技でした。

2年,3年学年競技の「8人9脚」 ,「ミステリーサークル」です。昨日も遅くまで作戦を練り各クラス工夫を凝らして練習していました。それだけに見応えのあるものでした。

閉会式の様子です。 どのクラスも互いに健闘をたたえ合い最後はクラス、学年で集合写真を撮るなどクラス、学年、学科の絆が深まった1日でした。これを糧にして来週からの学校生活をさらによりよいものにしてほしいです。