バスケットボール部 ウインターカップ兵庫県大会東播地区予選の結果

7月16日、22日、28日の3日間で、ウインターカップ兵庫県大会東播地区予選に出場しました。

この大会で、男子は上位11チーム、女子は10チームが10月末から実施されるウインターカップ兵庫県大会へに出場権を獲得できます。

詳細な結果は、http://www5e.biglobe.ne.jp/~basket/ をご覧ください。

【男子】 1回戦  × 播磨農業 46-64 明石高専 ○

新チームとして初めての公式戦でした。

相手チームはリバウンドが強いセンターと力強いドライブができるフォワードを主体としたチームでした。

我々は、3名の3年生が県総体後もチームに残りましたので、いつもより選手数が揃いました。

試合の序盤は堅さが見られ、攻守ともにリズムに乗れず、前半終了後には10点以上の差がつきました。

後半は3年生主体で試合に臨みましたが、相手チームのリズムは崩せず、残念ながら敗退しました。

この敗戦を糧にして、夏休みはチームとしての攻守の力をレベルアップするために、頑張ります!

 

【女子】1回戦  × 播磨農業 56-68 西脇 ○

新チーム初めての公式戦でした。相手は、スピードのある選手も多かったのですが、前半から後半にかけてずっとリードをしていましたが、最後の4ピリオドでは特にリバウンド力と得点力において相手の流れにもっていかれ、逆転負けしてしまいました。この結果を踏まえて、夏休みの強化練習をさらに頑張ります!!

 

科学の祭典2018(サイエンス部)

8月4日(土)、5日(日)の2日間、加古川総合庁舎の中にある東はりま生活創造センターで「科学の祭典2018」が開催され、サイエンス部が出展しました。

出展内容は「足から降りるネコ」というものでした。ブースに来てくれた子どもたちにネコの型紙を渡し、工作してもらいました。そして、ネコの型紙を様々な向きで落とすのですが、不思議なことにどの向きから落としてもかなりの割合で足から着地するのです。

「え~、なんで足から落ちるん~!?」と子どもたちは不思議そうにしていました。その時の子どもたちの不思議そうな顔や、楽しそうな顔がとても印象的でした。

最後は部員から原理の説明を受け、子どもたちは満足そうな様子でした。

2日間で約300名の子どもたちがブースに来てくれました。ありがとうございました。

 

第1回 オープンハイスクール

 

8月2日(木) 第1回 オープンハイスクールが実施されました。希望する学科で体験実習が行われ、寮にて学校紹介DVDの視聴や農業クラブの活動発表等が行われました。その様子をご覧ください。

 

体育館での受付、全体会の後、本校生徒の誘導で各学科の体験実習に出発しました。

農業経営科の体験実習です。

ビッグトラクターに挑戦したり、野菜コースではキャベツ苗やブロッコリー苗の植え替え体験を行いました。

園芸科の体験実習です。

フラワーバスケットや果実の甘さの測定に挑戦しました。

畜産科の体験実習です。

乳加工(ラッシーづくり)やモーモー体験(牛のブラッシング)を行いました。

全体説明  農業クラブ活動発表  寮内見学の様子

我が播農のアイドル?マスコットキャラクター「ぴよ吉」の登場に、真剣な表情で本校生徒の発表を聞いていた中学生からも思わず笑みがこぼれました。

今回のオープンハイスクールでは、神戸、明石、姫路、加古川から本校への直通バス(往復)が運行されました。遠方から参加された多くの方に利用して頂きました。

オープンハイスクール全体にかかる運営(受付、案内、誘導、体験実習等)を本校生徒が全面的に担いました。オープンハイスクールに参加された中学生の皆さんはもちろん、本校生徒にとっても深い学びが得られた1日でした。

参加された中学生の皆様、御引率の保護者、中学校教諭の皆様、本日はありがとうございました。

次回、第2回 オープンハイスクールは11月23日(金)に実施します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリア農業研修 第9日目

お世話になったファミリーとお別れです。 第二の故郷になったと英語で伝えている生徒もおり、随分成長したように感じられました。

 

午前中はハートリースクロコダイルルアドベンチャーズにてオーストラリアの野生動物の見学をしました。また、コアラを抱っこした記念撮影を撮るなど貴重な経験をしました。

 

午後はグリーン島にて美しい景色と綺麗な海を満喫していました。

 

いよいよ、明日は帰国です。