北条東小学校との交流事業

本校農業経営科 作物・農業機械コース3年生と北条東小学校との交流事業が行われました。6月にサツマイモのツル挿しを行いましたが、本日はその収穫作業です。児童たちも今日の収穫が待ち遠しかった様子で非常に明るい雰囲気ではじまりました。本校生徒も先生役としてわかりやすく丁寧に説明していました。

サツマイモが姿を現す度に「出てきたー!」と歓声があがっていました。ツル挿しから今日の収穫まで育ててきた本校の生徒にとっても、そんな児童の喜ぶ姿が何よりもの収穫であったと思います。

収穫したサツマイモは児童たちへのお土産です。穫れたてのサツマイモをご賞味ください。

収穫交流体験【園芸科果樹コース】

北はりま特別支援学校との交流で、ぶどうの収穫体験を実施しました。

果樹コースの生徒が丹精込めて栽培したぶどうについて説明を行い、

ぶどうの収穫体験を行いました。大粒で甘いブドウに大満足した様子でした。

 

 

 

ブラジル研修の報告を「ねひめカレッジ」にて行いました。

5月26日(土)に、ねひめカレッジ(加西市国際交流協会)の総会にて、本校生徒の2名がブラジル研修の報告を行いました。ねひめカレッジの大野さんやアンドレアさんからは、ブラジル事前研修会でポルトガル語やブラジルの文化・生活習慣について教えてもらったことをはじめ、さまざまな支援を受けてきました。報告後は、研修内容について協会の方々から質問を受け、将来の夢や農業への想いなどを語り、交流会を行いました。

養豚プロジェクトチーム モクモクファーム視察・研修

4月2日(月)畜産科肉畜コース養豚プロジェクトチームで、三重県の伊賀の里モクモク手作りファームへ行きました。社長の松尾尚之様より、これからのプロジェクト活動において大変参考となるお話をしていただきました。
午後からは、研修も兼ねて豚肉の加工(ソーセージ製造)体験をしました。
豚肉の生産者として、加工にも目をむけながら播磨ブランド豚がさらに全国へ広まるようこれからも頑張って取り組んでいきます!!

「県庁緑化に行ってきました」【園芸科 草花デザインコース】

今年もまた園芸科草花デザインコースの生徒が、兵庫県庁の玄関に、自分達で育てた草花を使って、ガーデニング製作をしました。今回のテーマは「玉丘の庭」。私達が学ぶ播磨農業高校園芸科草花デザインコースの実習場をイメージしてつくりました。加西市は、ミニハボタン育種の特産地です。そこで、ハボタンの育種について研究した3年生徒の株を使って、デザインしました。また、今年初めて本校で栽培した7号鉢シクラメンが花壇をより鮮やかにしています。昨年の秋に、ガーデニング班の生徒たちが製作した額縁プランターも“みどころ”です!毎日夜遅くまで残って、一生懸命作り上げた庭をぜひご覧ください。

【兵庫県教育委員会のHPにも掲載されています】

http://www.hyogo-c.ed.jp/~board-bo/oneshot17/index-oneshot1802.html