消費者教育の出前授業を受講しました。

民法の改正が決まり、2022年4月1日より、成人年齢が18歳となります。

これにより消費生活に伴うトラブルは、今以上に若年層が巻き込まれる事案が多発しそうです。

そこで本校は、東播磨消費者センターのご協力を得て、12月14日(金)に専門家による出前授業を実施しました。

講師として、公益財団法人 関西消費者協会 から、消費生活アドバイザーの 井出 奈緒 先生をお招きしました。

出前授業では、法律的な決まり事から具体的なトラブルの事例まで、さまざまな説明をしていただきました。

今回の授業を受けて、あまい誘いにのらない賢明な消費生活を本校生徒が送れるようになることを願います。

 

 

「兵庫県いけばな展」に出展【園芸科】

三木市立市民活動センターにて開催された「兵庫県いけばな展」にて、本校園芸科草花デザインコースの生徒が栽培しているストック・キク・トルコギキョウ・ハボタンなどが使われました。三木市いけばな協会が市内の子供たちに「いけばな」を教える教室を開いており、このたび本校の花を子供たちが使って作品をつくるという連携が行われました。

農業高校で草花の栽培を学ぶ生徒と、いけばなを学ぶ子供たちが、花を通じてイベントを作り上げ、地域の活性化につながるよい機会となりました。

 

 

播磨農高祭開催

本日23日、晴天のもと播磨農高祭が開催されました。平成最後の農高祭 ~一生の思い出に~  と題し各コース、部活動が日頃の実習の成果を発揮し多くのお客様に楽しんで頂きました。同時に第2回オープン・ハイスクールも開催され参加された多くの中学生の皆さんも学校案内・見学終了後、農高祭に参加され播農で1日満喫しました。

 

農業経営科の販売です

蒸しいも、そば打ちです。実演から行い打ちたての蕎麦がふるまわれました。

  

野菜たっぷりのピザです。本格的な窯焼きです。野菜の販売、大行列でレジも販売も大忙しでした。

 

園芸科の販売です。

生徒たちが育てた花の美しさにお客様の目も釘付けになっていました。

 

畜産科の様子です。

鶏の唐揚げ販売や仔牛の搾乳体験など小さな子供から大人まで楽しみました。

 

サイエンス部、茶華道部も大賑わいでした。馬術部では乗馬体験が行われました。歌舞伎棟では恒例のふれあい伝統フェスティバルが行われ地域の方にも出演して頂き伝統芸能を披露されました。

またPTAの方も豚汁販売、フランクフルトやアイスクリーム販売など農高祭を盛り上げて頂きました。

昼過ぎには、ほぼすべて完売し大盛況のうちに終了しました。

本校の野菜、果物、作物等が本日来校された方の食卓に並び喜んで頂けることが私たちにとっても何よりもの喜びです。本日は本当にありがとうございました。

 

 

 

農高祭準備

明日23日(金)に迫った本校最大イベントの1つである農高祭の準備が本日行われました。多くの方に喜んで頂けるよう誠意を込めて準備しました。

               

生徒たちのいきいきと作業している姿が印象的でした。笑顔で、時には真剣な眼差しで作業する姿に農業に対する強い想いが感じられた1日でした。

準備は万端です!明日は皆様のお越しを心よりお待ちしています。

 

 

わかつが祭開催

本日、わかつが祭(文化祭)が開催されました。各クラスの趣向を凝らした舞台発表、芸術音楽部の演奏披露や有志発表等様々な演目が播農の舞台で繰り広げられました。その様子をご覧下さい。

各クラスの発表です。1年生は入学してはじめて、2年生にとっては2回目のわかつが祭、事前に作成した動画を駆使し、劇、ダンス等を取り入れクラスの団結力を惜しみなく発揮しました。

3年生にとっては最後のわかつが祭。衣装もそろえて3年間過ごしたクラスメイト、担任の先生への深い思いが溢れる発表で涙無しでは見られないステージでした。

有志発表、音楽部の発表です。有志では玉丘寮のサークルShadows、ダンスサークルB-girls、映画泥棒ども、W☆T☆Kが出演し、ダンスや劇を披露し会場を沸かせました。

最後になりましたが、これらの発表を支える生徒会のメンバーや幕間のMCや漫才など多くの生徒の活躍があってわかつが祭が成功しました。           

生徒会のメンバーです。アナウンスや誘導、しっかり舞台を支えます。

幕間のMCです。先生も登場し幕間も盛り上げます。

                 

発表では、ステージ上の生徒だけでなく音響、照明等で舞台を支える生徒もステージ上の生徒と気持ちは1つです。