第3回農業鑑定実施!

本日、2月21日(木)より学年末考査がはじまりました。学年を締めくくる最後の大切な考査です。本校では1・2学期中間考査と学年末考査時に体育館にて全校生徒が参加して農業鑑定競技を行っています。実物などを用いて生徒の農業に関する知識・技能を伸ばす農業高校ならではの試験です。

体育館に並べられた椅子の上に問題が置かれ、1問20秒という限られた時間の中で問題に挑戦します。

結果が待ち遠しい生徒も多く、体育館を出る際には友人同士で答え合わせをする生徒も多く見られました。

学習成果発表会

 

本日2月6日、学習成果発表会が行われました。1年生は1年間学んだ「農業と環境」についての学習発表、2年生は「インターンシップ」体験発表、3年生は「課題研究発表」を行いました。

司会は農業クラブ会長が行い、校長、生徒会長のあいさつに続き、発表がはじまりました。

発表を待つ生徒、最後まで読み合わせに余念がありません。資料提示でパソコン操作を行う生徒も準備万端です。

 

             

最後に県立農業大学校の方から講評を頂きました。研究内容は大切ですが、結果をまとめ、資料をわかりやすく提示する大切さにも触れられました。今回の発表では自分たちの発表も大切ですが、他学科、他コースの学習内容を知る貴重な機会にもなりました。そこからの得られたことを自らの学科・コースでの研究に活かし深める発表会でもありました。最後になりましたが、本日ご多用中にもかかわらず来校頂きました御来賓、保護者、地域の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

科学と人間生活【化学実験】

「播農の水を調べよう!」と題して、2学年 科学と人間生活の授業においてCOD(化学的酸素要求量)調査を簡便なパックテストを用いて行いました。各科、普段実習等を行っている付近の水(牛舎、豚舎、果樹園、温室、作物畑を中心に側溝や池の水)を調査しました。このCOD値は水質を評価する1つの指標であり、生物の生息環境などを知ることもできます。生徒たちはパックテストチューブと温度計、pH試験紙等を携え播農の水を探して飛び出しました。

 

 

 

 

全校集会

2月4日は暦の上では立春ですがまだまだ肌寒い日が続きます。3年生は家庭学習期間に入り、校内は1,2年生のみとなりましたが、生徒は毎日の授業、当番実習に加え、2月6日(水)に行われる学習成果発表会に向けて放課後は情報処理室で資料作成など、意欲的に活動しています。

本日2月4日の全校集会が行われました。その様子をご覧下さい。

集会後には、先日行われた馬術部新人戦の表彰伝達が行われました。

兵庫県高等学校体育連盟馬術競技新人戦個人戦で2位、3位  団体戦においても2位に入賞しました。

1学年(54回生) 新春百人一首かるた大会

1月29日(火)、体育館にて学年全体で百人一首かるた大会を開催しました。各クラス3グループずつと農業経営科,園芸科,畜産科から選抜された生徒のグループを合わせて10グループに分かれて行いました。                      

読み札が読まれると、みんな真剣な眼差しで札に向き合い一生懸命探していました。そして、札が取られるとそれぞれのグループから歓声が上がりました。各グループそれぞれ盛り上がりとても良い大会となりました。                       

大会終了後、1学年の各先生の名を冠した賞を表彰しました。今回の百人一首かるた大会は学年全体の親睦を深め、また古典文学に触れる良い機会になりました。