「命について考えるホームルーム」を実施しました

本校は兵庫県教育委員会から「平成29年度高校生心のサポートシステム実践・研究」の指定を受けています。

この実践・研究活動の一環として、2月13日(火)4校時に1・2年生の全クラスで「命について考えるホームルーム」を実施しました。

 

この授業では、「こころの病と出会ったら」をテーマに、わたしたちの身近に起こりえる「こころの病」について、そのあらましと対処方法や、こころの病を友だちが患ってしまったときの寄り添い方などを学ぶことが出来ました。

以下は、生徒の感想文を一部抜粋したものです。

「いろいろなこころの病や相談できる機関のことがわかって、良かったです。困っている友だちがいたら、力になりたいと思いました。」(男子生徒)

「今日の授業で、うつ病について学びました。これからは、しんどくなったら周りの人に助けを求めてもいいのかなと思いました。」(女子生徒)

この授業を通して、わたしたちは「こころの病」についての理解が深まり、周囲の大人の人々につなげる大切さも学びました。

これからは、「こころの病」を身近なものとして関心を持ち、しっかり向き合っていきたいと思いました。

特別非常勤講師授業【園芸科果樹コース】

加門果樹園の加門英樹さんをお招きして「ブドウの先進技術と経営」というテーマで講義をして頂きました。高品質なブドウ作りへの挑戦や栽培上工夫されている点などをわかりやすく教えていただき、生徒も今まで以上にブドウづくりに興味を持った様子でした。

第1回学習成果発表会

第1回学習成果発表会を開催しました。

1年生は初めて学ぶ農業科目である「農業と環境」、2年生はインターンシップ体験、3年生は課題研究で学んだ成果をもとに発表を行いました。県立農業大学校、加西市、中学校、保護者の他、実習で協力いただいている関係機関や企業の皆様にも参加していただき、本校に対する理解を深めていただきました。尚、この内容は2月8日神戸新聞朝刊北播版にも掲載されました。

                 

卒寮式を行いました【玉丘寮】

2月1日(木)17時45分より卒寮式を行いました。
51回生は男子22名、女子11名の33名が玉丘寮で過ごしました。
親元を離れた寂しさに耐え、集団生活に求められる時間や規則を守って、最後まで頑張り抜いた生徒たちに
多くの先生方から祝福と労いの言葉をいただきました。
答辞を読み上げた、生徒の言葉に「周囲の方々の支えにより今の自分があると玉丘寮
は教えてくれた」など、3年間の様々な想いが述べられました。

お米販売中!!

播磨農業高校で栽培したお米「恋の予感」を北播磨おいしんぼ館で販売しています。

この品種名は「一口食べれば恋をする」そんな米になってほしいという想いで付けられています。

今年度、生徒たちが作ったお米がよく売れています。

こんなに嬉しいことはありません!!

ありがとうございます。

北播磨おいしんぼ館は、元町の商店街にあるお店です。

お近くに行かれた際は、是非寄ってください。

住 所:神戸市中央区元町通6丁目3−18

電 話:078-599-7372

定休日:水曜日