第42回兵庫県高等学校総合文化祭郷土芸能発表会 

第42回兵庫県高等学校総合文化祭郷土芸能発表会

10月27日(土曜日)、 神戸学院大学メモリアルホール(有瀬キャンパス)にて、県下7校の高等学校が、各地区の郷土芸能を発表しました。

本校の郷土伝統文化継承クラブは、毎年「寿式三番叟」を披露しています。日ごろの練習の成果を存分に発揮することができました。

 

第40回兵庫農林漁業祭で販売会を行いました

昨日に引き続き本日も販売実習に行ってきました。今日は明石公園にて「第40回兵庫県農林漁業祭」です。

紅はるか(サツマイモ)、丹波黒大豆の枝豆、キュウリ、ビオラ、ガーデンシクラメン、ソーセージ、卵などをそろえて出店。30分前には長蛇の列ができ、開店1時間であっという間に完売してしまいました。毎年、播磨農高の農産物を買いに来られるリピーターが多く、本校農産物の質の高さを痛感する瞬間でした。生徒達もそのことをとても誇りに思ったようで、明日からの学習意欲につながりました。

 

 

 

 

姫路大手前公園に行われた「ひょうご産業教育フェアー」に参加しました。

体験コーナーでは「食味検査」「寄せ植え体験」「養豚アート」を行いました。生徒達は、いつも勉強している農業の専門知識や技術を存分に発揮しました。

また普段から一緒懸命に栽培飼育した農作物を販売しました。生徒の生き生き活動する様子をみて、学校の学習内容について質問される方も何人かいらっしゃって、本校の魅力を知ってもらうよい機会にもなりました。

加西市役所周辺の花壇に、草花を植えに行きました

3年生園芸科草花デザインコースの生徒達が、加西市役所周辺にある約30個の花壇に、自分たちで育てたさまざまな草花を植えに行きました。各生徒が時間をかけて考えたデザインで、全て違ったオリジナリティーあふれる花壇が出来上がりました。植えるだけでなく、その後の管理も生徒たちが行います。たくさんの来庁者に声をかけてもらって、緑化活動が地域の方々に喜ばれていることを実感した生徒達。これからの学習意欲の向上や自信にもつながる活動になりました。

愛の光こども園にて花育活動を行いました

園芸科草花デザインコースの3年生の生徒が、愛の光こども園の年中組さん35名と一緒に花壇やプランターに苗を植える花育活動を行いました。

春にも実施しましたが、今回は一緒にリレーをしたり、子豚さんゲームをしたりと交流もしました。子どもたちは花の名前や育て方など、たくさん質問をしてくれて楽しい活動となりました。