「北播磨地域夢会議にて発表を行いました」

216日(土)フラワーセンターにて開催された「北播磨地域夢会議」において、本校のはりまのちっちゃな台所班のメンバーが、発表と意見交換会を行いました。

 北播磨地域のビジョンの実現に向け、地域に生きる人それぞれが地域のことを考え、地域像を展望する機会であり、当日は金澤副知事をはじめ、北播磨県民局長や加西市・小野市など北播磨地域の市長、県議会議員などが来賓として出席されていました。

 加西市地域創生活動として播磨の農産物を使ったレストランをプロデュースする活動内容を発表しました。産官学連携による本活動は、今年で3年目の年です。3月には開業を目指しています。堂々とした発表に、多くの方から励ましとお褒めの言葉をいただき、生徒たちの自信につながりました。

 

 

男子バスケットボール部 練習試合に行きました!

1月27日(日)に、小野工業高校にお願いをして、練習試合を実施しました。

小野工業高校の男子チームは部員数が多く、顧問の先生が熱心に指導をされている活気のあるチームです。

当日は小野工業高校を2チームに分けていただき、本校チームと合計3チームで10分ゲームを6本しました。

選手が少なくて、チーム内で5対5の練習ができない本校チームにとっては本当に良い機会となりました。特にリバウンドやルーズボールで積極的に頑張る小野工業高校の皆さんに,良い刺激を与えていただきました。

兵庫県新人大会も終わり、各チームが5月上旬から始まる県総体に向けて、新たなチームづくりを始めています。

本校チームもディフェンスを軸に、さらなるチーム力アップに頑張ります!

兵庫県教育委員会より県庁緑化感謝状をいただきました

園芸科草花デザインコース1年生2名が、2月5日に兵庫県庁において行われた「感謝状贈呈式」に出席しました。県庁2号館入口に、実習で栽培した草花を用いて作品を展示し、緑化等により県民に潤いのある空間を作り、憩いを与え庁舎の環境整備に貢献したことについて、教育長より感謝状をいただきました。

県下12校の農水産高校を代表して、本校生徒が実習成果の発表の場を与えていただいていることへの感謝をのべました。

 

【ボランティア同好会】加西市「ボランティアのつどい」に参加しました

1月19日(土)に、加西市社会福祉協議会が主催した「第20回ボランティアのつどい」に7名の生徒が参加しました。

「ボランティアのつどい」は加西市内で活動しているさまざまなボランティア団体が一同に集まり、交流と啓発をはかる大きなイベントです。

本校生徒もたくさんの役割をいただいて、ボランティアや市民の方々との交流を図りました。

参加した生徒たちは、運営のお手伝いができたことで大きな自信を得たり、地域の人々に支えていただいていることを実感でき、有意義な一日が過ごせました。

播磨農業高校は、これからもボランティア活動へ積極的に参加して、加西市での地域に貢献していきます!

「加西市役所の花壇の整備」に行ってきました。

園芸科草花デザインコースの3年生が、最後の花壇整備に行きました。

加西市役所周辺にある花壇は、播磨農業高校園芸科草花デザインコースの生徒が、1年間契約を交わして、管理をしています。

デザインから草花栽培、植え付けとその後の管理まで、すべてが本校園芸科生徒によるものです。1年間、お世話をした自分の花壇整備もこれで終わり。2月からは、2年生に引き継ぎます。想いがいっぱい詰まった花壇に別れをした3年生は、もうすぐ卒業です。