兵庫県ビーチバレー高等学校選手権大会(女子バレーボール部)

6月22日(土)、慶野松原海岸(南あわじ市)で行われた第22回兵庫県ビーチバレー高等学校選手権大会に、本校女子バレーボール部の田井・尾崎ペアが出場しました。

結果:1回戦敗退

慣れない砂上でのプレーでしたので、足を取られることが多く、なかなか練習通りのプレーができませんでした。しかし、最後まであきらめずに戦うことができました。選手にとって良い経験になったと思います。

遠いところまで観戦に来ていただいた保護者の皆様、応援して下さった先生方、本当にありがとうございました。

第53回体育大会

令和になって初の体育大会が、6月14日(金)に行われました。

天候が危ぶまれていましたが、生徒たちの熱気が雨雲を退けたようです。

今年度最初の学校行事の様子をご覧ください。

生徒会長の先導の元、全校生徒が入場行進を行いました。3年生にとっては高校最後の体育大会。一段と気合が入っていました。

生徒会のみんなも役員として準備から携わってくれました。

各クラスで作ったクラス旗です。個性豊かな旗が出来上がりました。

短距離走やリレー種目の様子です。みんな懸命に走りました。

学年別種目は、『ミステリーサークル』(3年)、『8人9脚』(2年)、『綱引き』(1年)でした。

担任も含め、クラスが一致団結して競技を行いました。

綱引きには保護者の方々にも参加していただきました。

 

『大縄跳び』や、学科対抗『ムカデ競争』、『地球が回る』も大いに盛り上がりました!

 

熱気が最高潮に達したのは、本校の名物競技『農業経営者』です。

パンを食べ、2人3脚で小麦粉の中から飴を探し、最後に20kg肥料を抱えてゴールまで走る。過酷なレースですが、会場全体が笑顔に包まれました。

 

こちらは部対抗リレーの様子です。それぞれの特色を活かした走りで、会場をわかせました。

 

最後の協議は学年対抗『スウェーデンリレー』です。

みんな全力で走り切りました!

 

閉会式の様子です。

クラスはもちろんのこと、学年や学科、学校全体の絆が深まる1日でした。みんなよく頑張りました。係にあたっていた生徒は最後の片づけまでご苦労様でした。

最後になりましたが、朝早くからお越しいただいた来賓ならびに保護者の皆さまにも感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

1年生全員で田植え

6月19日(水)に1年生が田植えを行いました。

1時間目に1M、2時間目に1H、6時間目に1Zが分担して行いました。

素足で田んぼに入るのは初めての体験で、戸惑いもありました。しかし、さすがは農業高校生。作業に入ると真剣です。太鼓の音に合わせて、1つ1つ丁寧に苗を植えていきました。

貴重な経験ができて、いい笑顔です。

農業クラブ校内大会

6月18日(火)に農業クラブ校内大会が実施されました。

午前の部はプロジェクト発表競技として、各コースでの取り組んできた内容をパワーポイントを用いて発表しました。午後の部は意見発表競技として、各クラスの代表者が登壇し、農業に対する思いや将来の夢などについて発表を行いました。

校内で選出された代表者は県大会に出場します。発表にますます磨きをかけて、活躍してきてください!

 

審査員としてお越しいただきました皆様、ご協力ありがとうございました。

フランス フォンデット農業高校と友好(姉妹校)締結 vol.2

去る6月20日(木)フランスフォンデット農業高校と友好(姉妹校)協定を締結しました。地元日仏友好協会、サンシール市助役ルマリエ氏同席のもと3時間に及ぶ協議、説明を経て、姉妹校協定の合意に達し、新在家校長、ブリジオン校長が友好協定書に署名、硬く握手を交わし、協定が締結されました。今後は相互に訪問し、さまざまな連携を行い、友好関係を深めていく予定です。

播磨農業高校が国際的な農業高校に飛躍する歴史的な第1歩を踏み出しました。