JA全農「酪農の夢 出張授業」が実施されました

平成31年2月18日(月)畜産科1・2年生を対象に「酪農の夢  出張授業」が実施されました。
JA全農では、現在減少しつつある酪農家の後継者育成のための活動として、高校生を対象に酪農の授業を実施されています。この活動は日本コカ・コーラ株式会社の「5by20/2020年までに女性実業家を500万人までふやす支援活動」に賛同したJA全農が、女性酪農家の育成とともに日本の酪農の維持・発展を目指し日本コカ・コーラ株式会社と共同で取り組まれています。
日本コカ・コーラ株式会社及びJA全農の担当の方より説明を受けた後、女性酪農家の柴田様(秋田県)・長崎様(滋賀県)より自身の牧場 での活動や酪農のやりがいや社会的意義についてお話をいただきました。

お話の後、質問にも応じていただき、最後に本校の酪農現場を実際に見学していただきました。生徒1人1人にとってとても貴重な授業をしていただき本当にありがとうございました。

「北播磨地域夢会議にて発表を行いました」

216日(土)フラワーセンターにて開催された「北播磨地域夢会議」において、本校のはりまのちっちゃな台所班のメンバーが、発表と意見交換会を行いました。

 北播磨地域のビジョンの実現に向け、地域に生きる人それぞれが地域のことを考え、地域像を展望する機会であり、当日は金澤副知事をはじめ、北播磨県民局長や加西市・小野市など北播磨地域の市長、県議会議員などが来賓として出席されていました。

 加西市地域創生活動として播磨の農産物を使ったレストランをプロデュースする活動内容を発表しました。産官学連携による本活動は、今年で3年目の年です。3月には開業を目指しています。堂々とした発表に、多くの方から励ましとお褒めの言葉をいただき、生徒たちの自信につながりました。

 

 

「卒業式のためにコサージュを作っています」

ただ今、園芸科草花デザインコースの1年2年の生徒達は、3年生の卒業式に向けて、コサージュ作りをしています。今年は、アーティフィシャルフラワーを使ったコサージュです。特別非常勤講師の蓬莱京子先生の指導のもと、お世話になった先輩のために、一生懸命に作っています。何度もやり直しをしたり、お互い教えあったりして、頑張っています。フラワーアレンジメントの学習にもなることと、何より「花」に感謝の気持ちを込めることの素晴らしさを体験しています。

 

富合小学校との交流《サイエンス部》

2月8日(金)の午後、加西市立富合小学校の児童が来校し本校サイエンス部と交流を行いました。

今年度、3回目となる交流会でした。実験室で学習した後、播農の敷地内の水を採取し、CODパックテストを用いて水質調査を行いました。

今回で3回にわたった環境体験学習が終了しました。小学生のみなさん、ため池の生物や水について深く学ぶことができたと思います。高校生たちにとってもよい経験になりました。また来年も機会があればぜひ来てください!

 

 

 

 

男子バスケットボール部 練習試合に行きました!

1月27日(日)に、小野工業高校にお願いをして、練習試合を実施しました。

小野工業高校の男子チームは部員数が多く、顧問の先生が熱心に指導をされている活気のあるチームです。

当日は小野工業高校を2チームに分けていただき、本校チームと合計3チームで10分ゲームを6本しました。

選手が少なくて、チーム内で5対5の練習ができない本校チームにとっては本当に良い機会となりました。特にリバウンドやルーズボールで積極的に頑張る小野工業高校の皆さんに,良い刺激を与えていただきました。

兵庫県新人大会も終わり、各チームが5月上旬から始まる県総体に向けて、新たなチームづくりを始めています。

本校チームもディフェンスを軸に、さらなるチーム力アップに頑張ります!