学校案内

~沿革・教育方針・重点目標・学部目標~

<沿革>

昭和40年5月1日 尼崎市立尼崎第二養護学校設置認可。尼崎市立金楽小学校の一部を仮校舎として開校

昭和43年4月3日 尼崎市西昆陽字田近野1-33に公舎新築移転

昭和43年4月9日 補修科新設認可

昭和44年4月1日 高等部別科設置認可。補修科を廃止

昭和45年5月4日 阪神養護学校組合設立認可

昭和45年6月7日 阪神養護学校組合事務局を西宮市役所内に開設

昭和47年3月31日 高等部本科設置認可。高等部別科廃止

昭和47年4月1日 阪神養護学校組合立阪神養護学校設置認可。尼崎市立尼崎第二養護学校を阪神養護学校に統合。校長蔭山安哲他教職員52人及び派遣職員11人発令

昭和48年4月21日 仮説校舎(4棟13教室)建設工事竣工

昭和48年5月25日 民有地1.811㎡を買収、校地を拡張

昭和49年3月29日 校舎増築及び講堂新築(普通教室12教室、特別教室4教室及び体育館兼講堂棟)工事着工

昭和49年3月31日 仮設校舎(2棟5教室)建設工事竣工

昭和49年12月3日 校舎増築及び講堂新築工事竣工

昭和50年1月1日 県立移管により兵庫県立阪神養護学校と校名変更

昭和53年4月1日 兵庫県立こやの里養護学校新設に伴い、校区の一部を分離

昭和54年4月1日 養護学校義務制施行に伴い、砂子療育園の訪問教育を開始

昭和56年6月22日 仮設校舎(プレハブ教室2棟)用途廃止。社教文化財課へ管理換

昭和58年8月16日 渡廊下新築及び3・4号棟一部改修工事完成

昭和59年2月25日 仮設校舎(プレハブ教室3棟)用途廃止・撤去

昭和59年11月7日 憩いの広場・メモリアルゾーン等工事完成

昭和60年1月22日 民有地問題について所有者と阪神広域行政都市協議会との間に移転契約成立

昭和60年1月30日 創立20周年、県立移管10周年記念式典を挙行

昭和60年3月28日 給食棟及び附帯工事完成

昭和63年3月30日 プレイルーム棟新築工事完成

平成2年1月1日 尼崎市南城内11番に兵庫県立阪神養護学校尼崎分校設置

平成2年4月1日 兵庫県立阪神養護学校尼崎分校開校

平成8年3月31日 兵庫県立阪神養護学校尼崎分校閉校

平成10年4月1日 高等部において訪問教室を開始

平成11年3月25日 職員室棟新築工事完成

平成16年11月11日 創立40周年(県立移管30周年)を祝う会を挙行

平成19年4月1日 兵庫県立阪神特別支援学校と校名変更

平成20年2月29日 講堂・特別教室棟耐震補強工事完成

平成20年8月20日 管理棟耐震補強その他工事完成

平成22年4月1日 兵庫県立芦屋特別支援学校新設に伴い、通学区域を変更。同時に、砂子訪問教室を、同校へ移管。また、新たに、在宅訪問教育を開始。

平成26年11月12日 創立50周年(県立移管40周年)を祝う会を挙行

平成27年4月1日 兵庫県立武庫荘総合高等学校内に分教室を設置

<教育方針>

(1)児童生徒のライフサイクルを見通して、持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善又は克服するために一人一人の教育的ニーズを把握し、必要な知識・技能・態度及び習慣を養う教育的支援を行う。

(2)社会的自立を目指し、社会の一員として可能な限り主体的に生活を営む力を培うとともに、明るく、たくましく、心ゆたかに、共に生きる力を育てる。

<重点目標>

(1)個々のニーズに応じた指導の充実・・・一人一人の障害の状態や発達段階、特性等を的確に把握し、個々の課題を明確にした「個別の指導計画」や学校卒業後までを通して一貫して適切な教育的支援を行う「個別の教育支援計画」を作成し、指導の充実を図る。

(2)専門性及び実践的指導力の向上・・・教育課程を明確にするとともに、外部講師を活用し、校内研究や研修活動を積極的に推進する。

(3)地域における特別支援教育のセンター的機能の充実・・・地域における特別支援教育のセンター的機能の充実を図り、コーディネーターを中心に教育相談の実施や情報の提供を積極的に行う。

(4)指導内容の充実・・・基礎・基本の確実な定着を図るため、児童生徒の実態に応じた小・中・高等部にわたる系統的な教育課程を編成する。遊びの指導、日常生活の指導や作業学習等教科等を合わせた指導や、総合的な学習等の時間において、基本的生活習慣の確立等、将来の就労や社会的自立を見据えた教育内容を充実させる。

(5)自立活動の指導の充実・・・自立活動の指導の充実のため、的確なアセスメントを行い、児童生徒一人一人の長期・短期目標を設定して、個に応じた多様な指導を展開する。

(6)訪問教育の充実・・・通学して学習することが困難な児童生徒に対して、保護者や医療関係者と連携協力しながら、自立活動を中心とした多様な授業に取り組む。

(7)進路指導の充実・・・小・中・高等部の一貫した進路指導体制の下で、一人一人の障害や発達段階に応じた職業自立をめざした指導計画に基づいて、現場実習等を含めた教育活動全体をとおしたキャリア教育を推進する。また、職業自立、生活自立をめざす教育課程の編成について研究を進める。

(8)生徒指導(生活指導)の充実・・・児童生徒の発達段階に応じて、好ましい人間関係を築き、豊かな心を育てる教育に取り組み、学校及び地域生活における指導の充実を図る。

(9)交流及び共同学習の推進・・・居住地交流・学校間交流を推進し、本校の児童生徒の社会的自立能力を高めるとともに、特別支援教育への理解啓発を深める。また、高等学校との交流及び共同学習の推進のための調査研究を連携校とともに積極的に進める。