toggle navigation

兵庫県教育委員会

記者発表

文化財課

歴史遺産マップ「但馬古墳手帳」の作成

1 内容
 兵庫県内の歴史・文化を再発見するきっかけづくりの一つとして、但馬地域の古墳を掲載した歴史遺産マップを作成しました。
 地域内に所在する古墳を39 箇所取り上げ、当時の時代背景と併せて解説しています。
 地域の古墳を訪ねるパンフレットとして、県内で配布します。

2 歴史遺産マップについて
 
タイトル 『但馬古墳手帳』
 サイズ  縦21cm 横12cm(A2版両面刷り 2×4山折り仕上げ)
 作成部数 10,000 部
 配布先  県内市町教育委員会文化財主管課、県内博物館・図書館、各県民局・県民情報センターなど
 編集発行 兵庫県歴史文化遺産総合活用推進実行委員会(事務局:兵庫県教育委員会事務局文化財課内)
 協力   豊岡市・香美町教育委員会・新温泉町教育委員会・養父市教育委員会・朝来市教育委員会

3 主な古墳
 豊岡市  二見谷古墳群(6世紀末~7世紀、県指定史跡)
      楯縫古墳(6世紀末、県指定史跡)
 香美町  文堂古墳(7世紀前半、県指定史跡)
      三の谷壁画古墳(6世紀代?、県指定史跡)
 新温泉町 二方古墳(6世紀後半、町指定史跡)
 養父市  箕谷古墳群(7世紀前半、国指定史跡)
      大薮古墳群(6世紀後半~7世紀前半、県指定史跡)
 朝来市  池田古墳(5世紀、県指定史跡)
      茶すり山古墳(5世紀前半、国指定史跡)

4 その他
 本マップは10 月31 日・11 月14 日に香美町・朝来市において実施するウォークイベント「巡ろう兵庫 歴史遺産ウォークin 但馬」で活用するほか、但馬地域の各市町と連携して幅広い活用を検討します。