toggle navigation

兵庫県教育委員会

記者発表

大学課

「公園でテレワーク、交流・コ・ワーキング、ゼミ受講する社会実験開始」ーポストコロナ時代の公園のあり方を探る県立大研究チーム・神戸市が共同でサテライト・ラボ開設ー

 兵庫県立大学の研究チーム(代表 教授 平田富士男)と神戸市(落合中央公園管理者)は共同して、ポストコロナ時代を見据え、公園の持つ自然資源やオープンスペースを活用した新しい公園マネジメントのあり方を検討する一環として、落合中央公園(地下鉄名谷駅前)内にテレワークスペース等を提供するサテライト・ラボ「県大PARK LABO.」を下記のとおりオープンし、その利用者を募集開始します。ここでは、
・公園の緑を感じながらテレワークできるブース設置(wifi 等を備えた7ブース)
・ブース利用者の交流をサポートするコーディネイター配置
・ブース利用者を中心に県大教員によるゼミナール開講
(落合中央公園や名谷のまちづくりなどをテーマに)
を行います。

 このようなラボの運営を通じて、多くの働く世代が落合中央公園や名谷のまちの今後を考える拠点となるような新たな公園マネジメントのあり方を研究していきます。


1 日  時 令和3年10月6日(水)10:00~ オープン(開設期間は、本年10 月6 日~来年1 月末まで)

2 場  所 落合中央公園管理事務所2 階(神戸市須磨区中落合3-1-3)

3 利用受付
(1)テレワークブース (7ブース)
  ラボのホームページから「ブース予約、申し込み」
  https://www.awaji.ac.jp/about/staff/sennin/hirata-2/park-labo-top
  ブース利用料:300 円/日
(2)県大教員によるゼミナール(定員10 名)
  原則としてブース利用者を対象に参加者募集(人数に余裕がある場合、上記ホームページにて募集)

4 お問い合わせ
 (研究チーム代表)
  兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科 平田富士男
  TEL 090-6200-7213
  E-MAIL hirata@awaji.ac.jp