toggle navigation

兵庫県教育委員会

記者発表

県立美術館

特別展の開催について

 兵庫県立美術館では、特別展「開館50周年 今こそGUTAI 県美の具体コレクション」を下記のとおり開催します。
  「具体」と略される「具体美術協会」は、昭和29年、兵庫県芦屋市で発足した前衛美術グループです。吉原(よしはら)治(じ)良(ろう)と阪神間の若い作家たちによって結成され、リーダーの吉原が昭和47年に亡くなるまで、「人の真似をするな」を合言葉に制作を続けました。当館としては平成16年の「具体」回顧展以来、所蔵品を一度に展示する久しぶりの機会となります。作品収集の歩み、兵庫ゆかりの画家たちと美術館の関係など、当館ならではのエピソードとともに貴重な作品を展示します。コロナ禍の中、芸術文化のあり様が問われている今こそ、戦後の復興期に生まれた迫力と熱量を感じる展覧会をご覧ください。

1 会期  令和2年12月5日(土)~令和3年2月7日(日)
      休館日:月曜日(ただし、1月11日(月)は開館し、翌12日(火)は休館。)
          年末年始(12月28日(月)~1月4日(月))
          ※事前予約制(詳細は後日HP等で発表)
      開館時間:午前10時~午後6時 ※入場は閉館の30分前まで

2 主催  兵庫県立美術館、神戸新聞社

3 内容  開館50周年記念事業の一環として、当館が所蔵する具体美術協会関連作品70~80点(約30作家)及び
      特別出品から構成し、女性作家にも着目した企画展
      ※詳細は後日HP等で発表

4 観覧料 一般1,300円/大学生900円/高校生以下無料/70歳以上650円/
      障がいのある方(一般)300円/障がいのある方(大学生)200円

詳細は別添資料をご覧ください。