toggle navigation

兵庫県教育委員会

記者発表

兵庫県立大学

兵庫県立大学における新型コロナウイルス関連研究の実施について

 兵庫県立大学では、社会貢献活動の一環として、アンダーコロナ、ポストコロナにおける社会、経済、産業技術、情報技術等に関する研究を支援することとし、学内で公募を実施した結果、全学から25件の応募があり、その内の15件を採択しました。

1 趣旨
 コロナ禍による産業活動・社会活動の制限や自粛のため、経済の低迷は深刻な状況となっており、収束後の経済の早期立て直しと復活へ向けてのビジョンの策定が大きな課題となっています。
 また、そのダメージを低く抑えるためには、コロナ禍の中での適切な社会活動や経済活動の指針を示すことが重要です。加えて、ポストコロナでは、この間の経験や知見を通して世界の人々の価値観や社会観、世界観が大きく変わり、社会構造、産業構造、経済活動などが一変することも考えられます。
 このため、アンダーコロナ、ポストコロナにおける社会、経済、産業技術、情報技術等に関する研究を支援するため、学内で公募を実施することとしました。

2 採択結果
  ・採択件数 15件(詳細は別添資料のとおり)
  ・研究期間:令和3年3月末まで

詳細は別添資料をご覧ください。