市政出前講座(地域福祉を考える)

11月21日(月)、3年次福祉系列生徒に向けて、さんだ市政出前講座をお願いし、「地域福祉を考える」と題し、講演していただきました。

cimg0063

まず、三田市の概況を教えていただき、現在は兵庫県で一番高齢化率の低い市ではあるが、10年後にはどんどんと高齢者の割合が増えることが予想されるそうです。それ以外にも、さまざまな課題に対して、市と社会福祉協議会が協同し、地域福祉計画を策定されています。

基本的な考え方として、地域の「つながり」「見守り」「支え合い」を大切にしていると聞き、本当に大切な視点であると感じました。また、阪神淡路大震災で被災された方々の救助の割合は、公的なものよりも、自分たちや周囲の人からの割合が高かったことを知り、普段の地域のつながりがとても重要だと気づきました。

cimg0064 cimg0070

講演後には、テーマに沿ったグループワークも行い、生徒それぞれの考えも聞くことができ、有意義な時間となりました。今回は4名の職員の方に来ていただき、大変お世話になりました。ありがとうございました。

カテゴリー: 69回生, 総合学科   パーマリンク

コメントは受け付けていません。