普通救命講習会

11月23日(水)3年生福祉選択生徒13名が、三田市消防本部にお世話になり、普通救命講習会に参加しました。

応急手当とは、突然のけがや病気に襲われたときに医療機関にかかるまで、家庭や職場でできる手当のことです。それがけがや病気の悪化を防ぐことができるので、しっかりと知識や技術を身につけるべく、救命講習にのぞみました。

cimg0005

全国平均でも、救急車が到着するには平均で8~9分かかるそうです。そんな中、突然心臓や呼吸が止まってしまった人がいた場合、救命措置が必要です。周囲の安全を確認した上で、傷病者の意識確認、救急車の要請から、実際の胸骨圧迫・人工呼吸・AEDの使用までしっかりと練習し、効果測定も全員無事クリアできました。

cimg0010 cimg0008

三田市消防本部職員のみなさん、お忙しい中講習会を開いていただきまして本当にありがとうございました。

 

カテゴリー: 69回生, 総合学科   パーマリンク

コメントは受け付けていません。