120周年記念式典・記念行事が行われました

10月22日(土)、創立120周年を祝う記念式典・記念行事が行われました。

 

 

 

 

 

 

受付から式典・行事の進行等はすべて生徒が行いました。


 

 

 

 

 

式典に先駆け、オープニング・セレモニーでは、吹奏楽部による演奏に合わせて、2、3年音楽科目選択生が三田高等女学校校歌・三田農林学校校歌を斉唱しました。


 

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

式典には多くの方々にご参列いただきました。お祝いの言葉もたくさん頂戴しました。 生徒のみなさんの心にも120年の歴史の重みが深く刻まれたのではないでしょうか。

式典の部に続く行事の部は、盛りだくさんの内容でした。図書委員による発表「有高生の読書事情」、「読書のすすめ」店主・清水克衛氏による記念講演、1、2年生有志によるダンス、本校卒業生と在校生による和太鼓演奏、応援リーダーと全校生徒による応援歌披露と書揮毫が行われました。


 

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

 

全校生徒で歌う応援歌と、書道部員による書には、120年の伝統を受け継ぎつつ、未来に大きく羽ばたこうという願いが込められているのを感じました。記念講演で清水克衛さんが教えてくださったこと―「なぜ?」と考え、問いをもって本を読み、本で知ったことは行動してみるという実験精神こそ、新しい時代を担うみなさんが未来に向かって羽ばたくために必要なことではないでしょうか。温故知新。過去と未来に思いを馳せるよい機会となりましたね。

式典にご参加くださいました皆様には心より感謝申し上げます。

カテゴリー: 学校行事   パーマリンク

コメントは受け付けていません。