認知症サポーター養成講座

10月7日(金)、三田市社会福祉協議会地域包括支援センターより、講師の方にお越しいただき、3年次「生活支援技術」選択生に向けて、認知症サポーター養成講座を開講していただきました。

近年、認知症高齢者の増加が認識されており、さまざまな場面で耳にすることも多くなりました。しかし、その正しい理解はまだ足りないところもあり、認知症の方を支える地域の「サポーター」としての役割が求められています。

講座の中では、認知症の理解をした上で、グループに分かれて実際の認知症高齢者の事例を検討するグループワークがありました。生徒は、それぞれ意見を出し合い、より良い対応について考えていました。サポーターといっても、大げさなものではなく、認知症を知り、その対応を心得ておき、困っている人がいたら、そっと手を差し伸べることが大切であると学びました。

P1080676 P1080684 P1080686

講師の方々、お忙しい中ありがとうございました。

カテゴリー: 69回生, 総合学科   パーマリンク

コメントは受け付けていません。