第66回日本学校農業クラブ全国大会群馬大会にて本校生が最優秀賞&文部科学大臣賞を受賞

平成27年10月20日(火)~22日(木)に群馬県で開催された第66回日本学校農業クラブ全国大会に、農業鑑定競技園芸の部において、県大会で1位、2位を獲得した本校人と自然科生徒2名が出場し、3年生中﨑さんが最優秀賞、2年生三島さんが優秀賞を受賞しました。さらに最優秀を獲得した中﨑さんは農業鑑定競技全9部門を通しての最高得点を獲得し、文部科学大臣賞も合わせて受賞という快挙を成し遂げました。

H27zennkokutaikai0 H27zennkokutaikai2

農業クラブ全国大会の実施競技は、農業鑑定競技会、プロジェクト発表会、意見発表会などがあります。(詳細は、第66回大会HP http://www.ffj66.org/ を参考にしてください)。

その中で今年度本校生が優秀な成績をおさめた競技は、農業鑑定競技です。農業鑑定競技とは、農業に関する知識・技術の成果を、鑑定・判定・診断等において、その実力を競い合うもので、机の上に並べられた農業生物、種子、肥料、機械機具、農薬、薬品、実験器具・・・等々をわずかな時間で鑑定・判定し、解答用紙に書き込んでいき、その正解率を競います。出題数は40問で、1問当たりの解答時間は20秒。最後の2問は40秒問題となっており難問です。

今年「園芸の部」には全国の農業高校各校の校内予選、県大会等で優秀な成績をおさめた生徒270名が参加しており、最優秀賞はその中の最高得点獲得者となります。

さらに今回最優秀賞を獲得した中﨑さんは、農業鑑定競技全9部門(農業、園芸、畜産、生活科学、農業土木、林業、食品科学科、造園、農業機械)に出場した937名中最高得点を獲得したため、文部科学大臣賞も同時に受賞することができ、まさしく全国の農業高校生約9万人の頂点となりました。

結果が発表された大会式典(ALSOKぐんまアリーナ)には、全国から集まった農業高校生と関係者約4000人が集い、47都道府県連盟のクラブ旗の入場、そして来賓として、石破茂地方再生担当大臣からもご挨拶を頂きました。

H27zennkokutaikai4 H27zennkokutaikai3H27zennkokutaikai5

そして結果発表の瞬間、壇上の巨大スクリーンに兵庫県連盟、有馬高校、中﨑さんの名前が映し出され、兵庫県連盟の生徒の歓声とともに、スポットライトが中﨑さんに照らされました。

H27zennkokutaikai6

そのまま壇上に案内され表彰式、文部科学大臣補佐官より直接文部科学大臣賞の賞状と楯が授与されました。

H27zennkokutaikai7 H27zennkokutaikai8

有馬高校が全国大会で最優秀賞を受賞したのは、フラワーアレンジメント競技で獲得した平成19年に続き8年ぶり2度目の快挙です。さらに農業鑑定競技で最高賞の文部科学大臣賞を受賞したのは兵庫県勢としても初の快挙です。                                            H27zennkokutaikai9

最後は全国の農業高校生全員でFFJの歌熱唱。

年々有馬高校人と自然科の生徒の競技レベルが向上してきています。次年度以降も活躍できるよう、盛り上げていきましょう。来年の全国大会はお隣大阪府で開催されます。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。