秋季オープンハイスクールが開催されました

10月24日(土)に秋季オープンハイスクールが開催され、たくさんの中学生と保護者の方々が来校されました。午前中は公開授業で、自由に授業を見学してもらいました。午後からの説明会、部活動体験・見学では、有高生も大活躍でした。以下、オープンハイスクールの風景をご紹介します。

全体説明会では生徒会本部役員が学校行事や部活動について説明をしました。書道部員はステージ上で書道パフォーマンスを披露しました。部員の心を一つにして書いたメッセージには大きな「叶」の文字。有高で夢を叶えるという在校生の強い思いが、中学生に伝わったのではないでしょうか。

 

 

 

 

全体説明会の後は、総合学科と人と自然科に分かれてそれぞれ説明会が行われました。総合学科の説明会では、1、2年生からなるWILLスタッフ(昨年度のスタッフも含む)が中心となって総合学科でしか学べない「産業社会と人間」の授業や職業人インタビューなど、有高ならではの特色のある授業について説明してくれました。3年生は「課題研究」の研究成果を発表してくれました。元WILLスタッフの卒業生で現在大学生の松尾輝大くんも参加し、中学生に自分の体験を通して有高の魅力を語ってくれました。中学生も真剣に話に耳を傾けていました。


 

 

 

人と自然科では、説明会後、体験授業がありました。植物から取り出したDNAを観察したり、銀杏が食べられるようになるまでの過程を学び、実際に焼いて食べました。アツアツの旬の味覚、おいしかったですね。季節を五感で感じながら学べるのも、人と自然科のよさの一つです。


 

 

 

部活動体験・見学もありました。生徒会役員、WILLスタッフ、各部活動の部員たちは、中学生を案内したり、丁寧に活動の説明や指導をしたりしていました。運動部では中学生も先輩たちに交じっていい汗を流していましたね。文化部でも先輩たちの指導を受けて実際に体験をしている部もありました。吹奏楽部では中学生も楽団の一員となって全員で演奏していました。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

中学生と保護者の皆さまには、長時間にわたりご参加いただきありがとうございました。生徒たちは精一杯有高らしさを伝えてくれたように思います。中学生のみなさんに有高の魅力を感じとってもらえていたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: オープンハイスクール, クラブ活動, 学校行事   パーマリンク

コメントは受け付けていません。