総合学科1年次生「産業社会と人間」 ~コミュトレ①②~

有馬高校では「産業社会と人間」の授業の中で「10分間コミュニケーショントレーニング」を取り入れています。情報を伝達するだけでなく、感情を伝え合い分かち合うことが、人と人との関係を心地よく濃密にしてくコミュニケーションの重要な役割です。全10回のトレーニングを通して、「意見の異なる相手に自分の考えを理解してもらう力」「相手の話をよく聞き、話を発展させていくことができる力」を身につけることを目標としています。

第1回(4月17日実施)、第2回(5月15日実施)のテーマは「1分間スピーチ」、でした。隣同士でペアを作り、一方が自分のことについて1分間で話をします。話を聞いたもう一方の人は、その話の中からもっと聞きたいことを質問します。スピーチ→質問→回答→質問→回答、と繰り返していく過程で、お互いのことを知るだけでなく、しっかり相手の話を聞き、話を発展させていくことができる力を養います。

70回生の生徒は和やかな空気の中、積極的にコミュニケーショントレーニングに取り組んでいました。1年後の成長が楽しみです。

P4170201 P4170203

カテゴリー: 総合学科 パーマリンク