産業社会と人間「2分間スピーチ発表会」

1月15日(金)の「産業社会と人間」は、「2分間スピーチ発表会」でした。12月11日、18日のクラス発表から選ばれた代表者3名ずつ、計15名が「私の夢」をテーマに、堂々とスピーチをしました。

「夢」について、具体的に述べる人もいれば、まだ夢は見つからないけれどこんな人になりたい、自分の好きなことを突き詰めていきたいなど、1人1人がそれぞれの想いを伝え、聴いている者の胸を打つすばらしいスピーチでした。

「スピーチ講座」でお世話になった大手前大学の鈴木先生にお越しいただき、講評と振り返りをしていただきました。

この取り組みは、インタビューの技法を知る「インタビュー講座」、職業人へ実際にインタビューする「プロフェッショナル in 有馬」、自分の想いを効果的に伝える方法を学ぶ「スピーチ講座」に続くプログラムの一環です。人生の先輩から情報を得、自分の将来や生き方について考え、その想いをプレゼンテーションするという流れの最終地点にあります。生徒たちはこの後、「働くということ」をテーマに小論文を書いていき、1年間のまとめとします。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク