人と自然科 農業クラブ 福祉施設花壇植え付けボランティア実施

 12月4日(金)人と自然科農業クラブ役員1~3年生の生徒10名が篠山市にある福祉施設「丹南精明園」を訪れ、花壇の植え付けを行いました。11年前から続く伝統ある活動です。例年なら年間3回施設を訪れ、利用者の方と一緒に花苗の植え付けを通して交流を行っていますが、新型コロナウィルス感染拡大の影響で今年は施設を訪れることを自粛していました。今回が今年度最初の活動となり、植え付けも農業クラブの生徒のみで行いました。

 試験終了後の午後に自分たちで栽培したパンジー・ビオラ、デイジーの草花苗約1200鉢とともに施設を訪れ装飾開始です。3年生の先輩が先に到着し、肥料を施し、耕運機で攪拌し植えやすいようにレーキなどで平らにした施設内の4カ所の花壇と2つのプランタに1.2年生が自分たちで考えたデザインで植え付けしていきます。

約2時間の活動で完成した花壇はこちらです。

 特に正門入って正面にある大きな円形の花壇は、縦の縞模様に色を変化させていくデザインを採用しました。(これから春を迎え、株が張ってボリューム感が出てきます)

 仕上げに灌水(水を与える作業)したら活動は終了です。

 最後に恒例の記念写真です。今年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、利用者の皆さんと一緒に花の植え付けができずとても残念でしたが、私たちが植えた花壇で元気になってもらえたら嬉しいです。来年はコロナウィルスが落ち着き、一緒に活動できたらいいですね。

 次回の予定は来年6月。来年入学してくる新1年生を加え伺う予定です。中学生の皆さん。ぜひ人と自然科に入学し、農業クラブの一員として一緒に農業を通したボランティア活動を楽しんでみませんか?皆さんとお会いできるのを心から楽しみにしています。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ パーマリンク