福祉講演会【助産師の仕事について】

12月1日(火)3年次「こころとからだの理解」選択生徒へ向けて、三田市民病院の助産師の方に来ていただき、仕事と妊産婦ケア等についてお話しいただきました。

助産師は、主に出産を控えた妊婦さんの支援や、産後の赤ちゃんやお母さんのケアのみならず、女性を一生涯にわたってサポートするお仕事です。その活躍の場は開業、市役所などの地域、病院勤務等さまざまあります。講師の先生は病院でご勤務されていますので、その中の仕事内容について詳しく教えていただきました。

また、後半は妊娠・出産の概要を教えていただくとともに、妊婦体験ジャケットの着用、赤ちゃんのおむつ交換、産着の着脱を体験することができました。妊婦体験では、お腹の重みで動作に支障があること、赤ちゃん人形のおむつ交換でも、おしりがずっしりしていて持ち上げにくかった、など将来の準備にもなる貴重な経験となりました。

出産の様子を見せていただき、助産師のやりがい、子どもが生まれる奇跡、自分が生まれてきた時のこと、母親への想いなど生徒たちはさまざまな感情を抱いたようです。このような機会をいただき、ありがとうございました。

宮村先生、大変お忙しい中ご講演いただきまして、ありがとうございました。

カテゴリー: 73回生, 総合学科 パーマリンク