人と自然科 農業と環境 手刈りで稲刈りをしました

 10月に入り、ずいぶん涼しくなってきました。人と自然科の農場でも黒豆枝豆やサツマイモの収穫、ギンナン拾いなどが始まっています。

 人と自然科1年生農業と環境の授業で6月に田植えをしたもち米『ヤマフクモチ』も稲穂が垂れ、収穫を迎え、鎌を使った手刈りによる収穫実習を行いました。

 田植えなど休校直後6月上旬の様子はこちら

 まずは水田担当の先生から収穫方法に関する説明を受けました。今回使用する鎌は刃がギザギザしている『鋸鎌』を使います。手袋の着用はもちろん、親指を上に向けて稲を握るなど絶対に手を切らないための稲穂の持ち方を教わりました。また、鎌の当て方、進め方など丁寧に説明を受けました。

 そして刈った後、稲束のくくり方も学びました。今年も一部の稲束を天日干しするためはざかけ(稲木に稲束をかけること)するため、麻ひもを使って結びます。さらに有馬高校では、脱穀(稲穂から籾を外すこと)後の稲わらは野菜や花の栽培で活用します。

 さっそく実習開始。全員でイネを囲み、イネを刈る人、刈った稲束をくくる人に分かれて進めていきます。

自分たちが手植えしたイネが収穫を迎え、とても感慨深げです。

 そして刈った後は8株を一つの束として麻ひもでくくっていきます。この後天日干しする時に掛けやすいように、4株ずつクロスにずらして重ねてくくること、そして緩みのないようにしっかりくくることがポイントです。

 束にしたイネはみんなで協力して運び

 稲木にかけていきます。(たくさん稲木に掛ける場合は2:8に分け、掛けていきます)

 約2時間で予定していた部分を刈ることができ、あっという間に実習は終了です。

 今回収穫したもち米は、11月14日(土)に開催される農業祭にて販売する予定です。 今年度は今回紹介したもち米はもちろん、ダイコンやハクサイなどの野菜、パンジー、ビオラ、ハボタンなどの草花苗、その他ギンナンなどの農産物販売のみ、感染防止対策を講じた上で、規模を縮小し実施の方向で検討しております。(焼きもちやポン菓子などの食品バザーは残念ながら自粛を考えています。)

 (今後の感染状況により変更、中止となる可能性もありますが)地域の皆さん楽しみに待っていてください。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ パーマリンク