空手道部 7年連続近畿大会出場!

令和2年1月24日(金)~26日(日)に東大阪アリーナにて、令和元年度 第39回近畿高等学校空手道大会が開催されました。今年も部員数で苦戦する中、男子団体組手で出場することができました。有馬高校空手道部は平成25年度より7年間途切れず近畿大会出場を続けています。

お待たせいたしました。以下、試合結果をご報告いたします。

1回戦 対 和歌山南陵 3-0
2回戦 対 洛陽総合  0-5

1回戦を突破し、全力を尽くしましたが 結果は2回戦敗退。全国大会出場まであと2勝のところでしたが、強豪の集まる近畿で勝ち上がるのはそう容易いことではありませんでした。1ポイントを取ることすら許されなかった試合、リードしていたのに最後に逆転されてしまった試合などがありました。「勝てた試合だった」「もう少しポイントを取れたはず」と心残りな気持ちもありますが、この結果が今の自分たちの実力だと受け入れて、今回の近畿大会出場の経験を次の県総体に必ず繋げていきたいと思います。

県新人大会では『近畿大会出場』を目標に日々の練習に励んでいるという点では、その目標を達成することができました!しかし、次回県総体では近畿大会がなく、上位に入賞しなければ次の大会(全国大会)には繋がりません。覚悟を決めて、県のトップ選手になることを本気で目指してこれからも頑張っていきますので今後とも応援をよろしくお願いいたします!!!

会場に駆けつけて下さったご家族の方々や校長先生、応援してくださった生徒のみなさん、先生方、あたたかいご声援をありがとうございました(^_^)☆

カテゴリー: 空手道部   パーマリンク

コメントは受け付けていません。