人と自然科 農業クラブ全国大会兵庫大会第1回生徒実行委員会出席

人と自然科のように全国の高校で農業を学ぶ生徒は全員『農業クラブ』通称『FFJ』という組織に所属します。(今年前半話題となった朝ドラ『なつぞら』のFFJの歌が農業クラブの歌です)

農業クラブの活動内容の一つに、農業高校における日頃の授業や活動を通して身に付けた知識や技術を競い合う各種競技会というものがあります。この大会は校内大会・県大会・近畿大会と続き、最後には日本学校農業クラブ全国大会につながります。別名「農業高校の甲子園』『農業高校のインターハイ』ともよばれ、全国9万人の頂点を目指す大会です。

今年度の県大会はこちら

今年度の近畿大会出場の記事はこちら

今年度の全国大会出場の記事はこちら

その全国大会が令和3年度兵庫県で開催されることが決定しており、有馬高校は『意見発表会』の運営担当校を務めます。12月26日(木)県立農業高校に県内11校農業高校から実施委員の生徒が集まり、第1回生徒実行委員会が開催され、いよいよ準備がスタートしました。

r1dai1kaiseitojikkou2 r1dai1kaiseitojikkou0

本校からは意見発表会生徒実施委員長・副委員長候補の1年生2名が参加しました。まずは参加者全員で農業クラブ連盟歌『FFJの歌』を斉唱し、大会実施委員長 県立農業高等学校長 澤井校長先生から『2年後に向け苦しいこともあるかもしれませんが、自分自身の成長の活かし、兵庫がワンチームとなって素晴らしい大会にしましょう』との言葉を頂きました。

r1dai1kaiseitojikkou3 r1dai1kaiseitojikkou4

次に委員の任命。実施委員長・副委員長の任命証を大会実施委員長から手渡されました。

r1dai1kaiseitojikkou5 r1dai1kaiseitojikkou6

生徒実行委員長挨拶。大会事務局を担う県立農業高校の宮本会長から『私一人では大会は運営できません。みんなで一致団結して兵庫大会を成功させましょう』との挨拶がありました。

r1dai1kaiseitojikkou7

次に兵庫大会運営体制の確認、2年後に向けた生徒実施委員会やアナウンス講習会などの日程確認を行いました。

r1dai1kaiseitojikkou1 r1dai1kaiseitojikkou15

次に大会に使用されるスローガン、シンボルマーク、ポスター、マスコットの選定。9月から3か月間近畿6府県の農業高校生から集まった143点の作品の中から、5~6作品が委員の投票により最終候補に選ばれました。

r1dai1kaiseitojikkou10 r1dai1kaiseitojikkou9  r1dai1kaiseitojikkou11 r1dai1kaiseitojikkou13

最後は生徒実行副委員長の選出です。生徒実行副委員長は生徒実行委員の互選により選出されます。2名の生徒が立候補、演説、投票の結果、佐用高等学校の生徒が選ばれました。

r1dai1kaiseitojikkou16

会議はスムーズに進行し約2時間で終了。昼食もかねて交流会です。

r1dai1kaiseitojikkou22 r1dai1kaiseitojikkou23

県立農業高校で作った野菜を使ったトン汁、奈良漬、焼き芋、カルピー(県農産牛乳を使った乳酸発酵飲料)がふるまわれました。

r1dai1kaiseitojikkou21 r1dai1kaiseitojikkou25

そして自己紹介。さいころを使ってこれから2年間一緒に全国大会を作り上げていく仲間と情報交換を行いました。

r1dai1kaiseitojikkou27 r1dai1kaiseitojikkou26

最後にみんなで記念撮影です。

r1dai1kaiseitojikkou19

令和3年、10月26日(火)~28日(木)に有馬高校で開催される意見発表会に向け、人と自然科生徒、職員の一致団結はもちろん、兵庫・近畿の農業高校のみんなと協力して大会を成功させましょう。

r1dai1kaiseitojikkou20

中学生の皆さん。人と自然科に入学し一緒に全国大会を運営し、全国の農業高校生と交流してみませんか?皆さんが入学してくれることを心からお待ちしています。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。