人と自然科 農業クラブ 新しい農業を目指す高校生等の集いに参加

11月14(木)兵庫県先端科学技術支援センターにて、第54回新しい農業を目指す高校生等の集いが開催され、有馬高校人と自然科からも9名のクラブ員(生徒)が参加しました。

r1atarasiinougyou1 dsc_1245

この事業は県内に11校ある農業学科を持つ高校、そして兵庫県立農業大学校の生徒が集い、地域で先進的な取り組みを行っている農業経営者からの講演、さらには各分科会に分かれ、先輩農業者を囲み質疑応答・討論を行うことで将来の進路に生かそうという会で、県内から就農や農業関連産業への就職に興味を持っている生徒が200人以上集まりました。

r1atarasiinougyou6

開会式では兵庫県学校農業クラブ会長挨拶の後、会場のある上郡町長や兵庫県農業青年クラブ連絡協議会の会長様からの励ましの言葉を頂きました。特に青年クラブ会長の吉田様の『農業経営に必要なものは直観力であり、それを培うためには経験と人とのつながりが大切です』という言葉が印象的でした。

r1atarasiinougyou4 r1atarasiinougyou5

開会式の後、さっそく先進農業者からの講演です。今年は上郡町でベビーリーフの栽培を中心に栽培されている門積良幸先輩から『いろんな経験・体験・行動があるから今の自分の農業がある』と題してお話を頂きました。

dsc_1267 r1atarasiinougyou7

門積先輩は、上郡高校の普通科出身ですが、高校卒業後に農業の専門学校に進学。仲間との寮生活での出来事や様々な挑戦が現在も糧になっており、人と人とのつながりを大切にしてほしいと熱く語っておられました。

また、卒業後はベビーリーフを栽培する農業法人に就職し、法人の立ち上げを経験。パラオなど海外への出向や多くの国での研修、見学がなど今考えるととてつもなく大変な毎日だったようですが、かけがえのない財産となっているとのことでした。

r1atarasiinougyou9

そして現在は地元に戻って、地域の小規模なレストランなどに直接卸し、人との付き合い、信頼関係を大切にしているとのことでした。

r1atarasiinougyou11 r1atarasiinougyou10

最後に高校生、農業大学校生に

学生時代、就職していた時期いろいろな経験をしてきた。英語が苦手でも海外へ行くチャンスがあれば行くほうがいいし、つらいことがあってもそれは一生続くものではないので楽しんでほしい。以前農業法人で実績を上げたとき、社長から『何がほしい?』と聞かれ、私は『経験』と答えた。『経験』するためには資金と時間が必要。まさに『何事も経験』ということを体験してきた。みなさんもそれができる環境にある場合、どんどんチャレンジしてください。

r1atarasiinougyou8

というメッセージを頂きました。終了後出席者からたくさんの質問もありとても興味深い講演となりました。

午後からは分科会です。野菜・果樹・花卉・土地利用型農業、法人経営・畜産、農産加工の5つの分科会に分かれ、先輩農業者との座談会を行いました。

r1atarasiinougyou30 r1atarasiinougyou31

座談会では技術的な話はもちろん、収入や経費など経営に関する本音の具体的なお話もいただくことができました。

r1atarasiinougyou34   r1atarasiinougyou28

本校生も必死にメモをとったり質問したりして充実した時間となりました。

r1atarasiinougyou27 r1atarasiinougyou33

分科会の後は全体会。各分科会の報告

r1atarasiinougyou21 r1atarasiinougyou20

兵庫県立農業大学校や森林大学校の紹介、新規就農に向けた兵庫県のサポート体制などの紹介がありました。

r1atarasiinougyou36 r1atarasiinougyou17

そして今年は兵庫県若手地域農業リーダー育成ブラジル研修の報告を本校生徒2名が行いました。

r1atarasiinougyou13 r1atarasiinougyou35

兵庫県では毎年、次世代の兵庫の農業をけん引する農業高校生、農業大学校生を選抜しブラジルに派遣しており、有馬高校生は昨年度5名、今年度も3名参加しています。今回は昨年参加した鈴木君と茶木君が派遣団の代表としてスライドを用いて報告。日本の農業との違いや大型農機具メーカーの見学報告など、分かりやすく興味深い、素晴らしい報告内容でした。

r1atarasiinougyou15 r1atarasiinougyou14

最後は参加者全員で、FFJの歌(全国の農業高校生が歌える歌)を斉唱し、大きな拍手の中閉会を迎えました。

r1atarasiinougyou25 r1atarasiinougyou26

参加したみなさん。充実した1日となりましたでしょうか。将来の進路実現にの参考にしてください。運営を担った上郡高校の皆さん。運営ありがとうございました。

r1atarasiinougyou0

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ パーマリンク