人と自然科 第18回全国高校生フラワーアレンジメントコンテストにて銀賞受賞

10月26日(土)~27日(日)新潟県朱鷺メッセで開催された、第29回全国産業教育フェア新潟大会 第18回全国高校生フラワーアレンジメントコンテストに本校人と自然科の生徒2名が兵庫県の代表として出場し、3年生田中亜弥さんが見事銀賞を受賞しました。

r1sanngyoukyoikufea3

毎年開催されている全国高校生フラワーアレンジメントコンテストは、フラワーデザインに関する表現力や技能を競うことで、互いの創造性や芸術性を高め合い、将来の産業を担う人材を育成することを目的とする大会で、事前に発表されたテーマに沿って、事前に発表された花材と当日発表される花材を組み合わせて作品を完成させるというもので、とても難易度の高い技術が必要とされます。

今年度代表として出場した生徒は2年生の福山さんと3年生の田中さん。二人とも農業クラブ専門班『フラワーアレンジメント班』に所属している生徒です。大会に向け何カ月も前から顧問の先生の指導を受けながら練習を重ねてきました。

r1sanngyoukyoikufea0 r1sanngyoukyoikufea2

事前に発表された今年のテーマは「忘れたくない 想いを つむぐ 」
事前発表の花材はユリ、カーネーション、スプレーバラ、ガーベラ、アレカヤシ、トクサそしてミツマタ、紙風船を作品に取り入れるというものでした。そして当日発表された花材はダリア、スプレーマム、クジャクソウ、ユキヤナギ、ルスカスでした。

二人とも日頃の成果を発揮し、作品を完成させたようです。完成された作品はこちらです。(左が田中さん。右が福山さんの作品です。)

r1sanngyoukyoikufea5 r1sanngyoukyoikufea7

そして27日(日)結果発表 田中さんが全国2位となる銀賞を受賞しました。本人はもっと良い作品ができたと自分自身悔やんでいたようですが、銀賞という評価を頂きうれし涙を流したそうです。また福山さんも入賞は逃したものの評価は高かったようです。

r1sanngyoukyoikufea4

有馬高校のフラワーアレンジメント技術の高さを証明してくれました。

r1sanngyoukyoikufea9

1.2年生の皆さん。先輩の活躍に続けるよう頑張りましょう。

 

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ パーマリンク