人と自然科 日本学校農業クラブ全国大会南東北大会農業鑑定競技会優秀賞受賞

10月22日(火)~24日(木)『農業高校の甲子園』『農業高校のインターハイ』と称される、令和元年度第70回日本学校農業クラブ全国大会南東北大会が開催され、本校人と自然科から県大会で優秀賞を受賞し、兵庫県の代表として農業鑑定競技会に出場した大野紗椰さんが、見事優秀賞を受賞。また意見発表会に近畿ブロックの代表として出場した國吉来夢さんも惜しくも入賞は逃しましたが、素晴らしい発表でした。(また、令和3年度農業クラブ全国大会が兵庫県で開催され、意見発表会を有馬高校が運営する予定のため、1年生の吉本さんが2年後の生徒実施委員長候補として視察で参加しました。)

r1nougyoukurabuwnnkoku3

今年は震災からの復興に向け頑張っている東北3県(宮城県・福島県・山形県)で開催されました。仙台空港に到着です。

r1nougyoukurabuwnnkoku12

まずは農業鑑定競技会。会場は福島県立福島明成高等学校です。

img_1326

会場内は撮影禁止のため写真が掲載できませんが、農業鑑定競技会は日頃農業に関する学習で得た知識・技術を活かし、鑑定・判定を通して問題を解答していくものです。出題数は40問で、農業生物、種子、肥料、機械機具、・・・等々に関する問題が体育館内に並べられており、20秒または40秒というわずかな時間で鑑定・判定します。

img_1327

今年は肥料成分や果樹の仕立て方、病気や野菜の生理障害など難易度の高い問題が出題され、苦戦したとのこと。レベルが高いうえに全国大会独特の空気に緊張してしまい、100%の力が出せなかったが全力で頑張ったとのことでした。

次に意見発表会。会場は宮城県農業高等学校です。

r1nougyoukurabuwnnkoku1 r1nougyoukurabuwnnkoku0

東日本大震災の津波ですべて流され学校は沿岸部から移転し、現在の場所に新しく建てられていました。

意見発表競技会は学校での学びや様々な体験を通して感じた意見を7分以内で発表する競技で、本校から出場した國吉さんは分野Ⅲ類(ヒューマンサービス)に出場。タイトルは「想いをカタチに」です。

r1nougyoukurabuwnnkoku13 r1nougyoukurabuwnnkoku14

この日まで約4か月間、何百回という練習をし、県大会、近畿大会を勝ち抜いてきましたが、これまでのどの発表よりも素晴らしい最高の発表をすることができ、感動のあまり涙を流している観客もいらしゃいました。本人も100点満点の悔いのない発表ができたと大満足でした。

最終日は大会式典ということで、意見発表会やプロジェクト発表会、測量競技会などすべての競技や会議に参加した約4000人が山形県総合スポーツセンターに集結しました。

dsc_0470 r1nougyoukurabuwnnkoku2

式典では会長や大会実施委員長のあいさつ、そして全国の都道府県連盟旗の入場があり、兵庫県連盟からも今年度事務局を務める上郡高等学校の生徒が兵庫県連盟旗を持ち、堂々と入場しました。

r1nougyoukurabuwnnkoku6 r1nougyoukurabuwnnkoku7

そして結果発表。全国1位である最優秀賞には惜しくも手が届きませんでしたが、農業鑑定競技会で優秀賞を受賞しました。

最後に農業クラブ連盟歌『FFJの歌』を全国の農業高校生で大合唱です。

r1nougyoukurabuwnnkoku10

9月までNHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』で広瀬すずさんが歌っていたことで話題となった全国の農業高校生が歌える歌です。(ちなみに式典では広瀬すずさんから農業高校生に向けた激励のメッセージが読み上げられました。)

r1nougyoukurabuwnnkoku5

4000人の農業高校生、関係者が歌うFFJの歌は最高です。

r1nougyoukurabuwnnkoku11

そして大会旗が次年度開催県の静岡県に引き継がれ、大きな拍手の中大会は幕をとじました。

r1nougyoukurabuwnnkoku8 r1nougyoukurabuwnnkoku9

1.2年生の皆さん、先輩の活躍に負けないように、静岡大会出場を目指し頑張りましょう。

dsc_0501

また前述のとおり、2年後の令和3年には、兵庫県で初となる農業クラブ全国大会兵庫大会が開催される予定になっており、有馬高校人と自然科も意見発表会の会場校として全国大会の運営を行います。リーダーシップを発揮してみたい中学生の皆さん。二度とないであろう全国大会という大舞台の運営の中心メンバーとして活躍してみませんか?人と自然科に入学してくれるのを、卒業した先輩や自然科生徒と農場の先生も、みんなで心から待っています。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。