人と自然科 刈払機安全衛生教育 資格取得講習実施

7月29日(月)刈払機の操作に関する講習が実施され、人と自然科で資格取得を希望する1、2年生の生徒39名が挑戦しました。

r1kariharai0 r1kariharai2

私たち人と自然科で学んでいる農業や造園業での草刈りは刈払機(草刈機)を使用して作業を行うのが一般的です。そして刈払機の取扱作業(運転)には、事故・災害を防止する為に労働安全衛生規則で安全衛生教育実施要領が定められています。この日はキャタピラー教習所(株)から2名の講師の方に来校いただき、資格取得のための講習会を実施しました。

午前中は座学による講習が行われました。

r1kariharai4

講習ではテキストやスライド、実物を用いて刈払機を安全に使用するための知識と技術を学びました。刈払機の種類や刃の種類、持ち運び方、ガソリンと2サイクルエンジンオイルを混ぜた混合油の作り方や取り扱い方、2サイクルエンジンの仕組み、エンジンの始動方法や停止方法など、専門的かつ実践的な内容を詳しく学びました。

r1kariharai6

また最も重要な内容として『安全』について集中的に学びました。刈払機を使用する場合は飛んでくる石などから自分の体を守るため長袖、長ズボン、長靴、手袋などを必ず着用することはもちろん、特に目を守るため保護面や保護メガネなども着用することなどを学びました。さらに振動などで手指にしびれが起こる振動障害を防ぐ方法についても詳しく学びました。

r1kariharai5

昼食を挟み、午後からは実技講習を行いました。前庭を利用し実際に草刈の実習を行います。

r1kariharai7 r1kariharai8

まずは実物を用いて午前中の座学講習の振り返りです。エンジンをかける手順や安全具の確認、そして刃の動かし方などを復習しました。

r1kariharai9 r1kariharai10

復習がおわたっところで実際に操作します。目を守るため保護メガネを着用し、ベルトの長さ調節を行った後エンジンをかけます。

r1kariharai12 r1kariharai17

そして刃を右から左に動かします。前へ進むスピードは半歩ずつといったところでしょうか。

r1kariharai13 r1kariharai15

最初は講師の先生に助けてもらいながら進めていましたが、慣れてくると自分だけでうまく刈れるようになりました。

r1kariharai16 r1kariharai14

実技終了後はテストです。

r1kariharai18 r1kariharai19

真剣に聞いていたため全員合格点をクリアし、ライセンスを取得することができました。このように人と自然科では様々な資格講習にチャレンジすることができます。

今週8月1日(木)からはこの夏休み最後の建機系資格『小型車両系建設機械』の資格講習が行われます。暑い日が続きますが自分のスキル向上のため頑張りましょう。

 

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。