人と自然科 第67回兵庫県学校農業クラブ連盟大会 1日目(競技会当日)

今年もいよいよ農業高校生にとって熱い季節がやってきました。農業高校の甲子園とも呼ばれる、第67回兵庫県学校農業クラブ連盟大会が7月23日(火)・24日(水)に開催され、会場となった上郡町先端科学技術支援センターに県下11校の農業高校生が集結しました。

r1kenntaikai15

農業鑑定競技会、意見発表競技会の校内予選を勝ち進んだ精鋭、そして今年はプロジェクト発表会に出場する生徒も含め合計20名が有馬高校人と自然科の代表として乗り込みました。

r1kenntaikai0 r1kenntaikai1

県下11校の生徒が大ホールに集合し、開会を待ちます。そして県連盟副会長の開会宣言によりいよいよスタートです。

r1kenntaikai2 r1kenntaikai4

まずはクラブ旗入場。県連盟旗を先頭に各校の農業クラブ会長が旗を持ち入場します。有馬高校も人と自然科113名の代表、鈴木翔太郎会長が歴史ある有馬高校農業クラブ旗を持ち、堂々と入場しました。

r1kenntaikai19 r1kenntaikai20

県下11校のクラブ旗が舞台上に並んだ姿は圧巻です。

r1kenntaikai3

開会式、総会の後は昼食タイム。天気が良かったので屋外で食べました。腹が減っては戦ができません。しっかり食べて戦いに備えましょう。

r1kenntaikai6 r1kenntaikai5

いよいよ競技会スタートです。

農業鑑定競技会は会場である上郡高校に移動します。有馬高校からは分野園芸に7名、分野測量に6名の選手が参加しました。例年3年生が中心の選手団ですが、今年は1年生の生徒も校内予選会で頑張り、3名が代表選手に選ばれました。(競技中の写真撮影が禁止されているため、文章のみの報告です。)今年は問題が少し難しかったようで、終了後は口をそろえて、思うようにできなかったとの声が多く聞かれました。

そして発表競技

プロジェクト発表競技会 (学校でのプロジェクト研究を10分以内で発表する競技)

分野Ⅱ類(開発・保全・創造)

『ぼくたちの竹取物語』3A 鈴木 翔太郎君・髙濵 凜君・鈴木 勘汰君・2A大虫 勲和君

r1kenntaikai22 r1kenntaikai21

そして意見発表競技会(学校での学びや様々な体験を通して感じた意見を7分以内で発表する競技)には、3つの分野に1名ずつ出場しました。

分野Ⅰ類(生産・流通・経営)

「舩岡農園 未来へジャンプ」 1A 舩岡 佑季君

r1kenntaikai18

分野Ⅱ類(開発・保全・創造)

「将太郎小池を魅せる」 3A 一ノ瀬 将太郎君

r1kenntaikai23

分野Ⅲ類(ヒューマンサービス)

「想いをカタチに」 3A 國吉 来夢さん

r1kenntaikai24

多少緊張した生徒もいましたが、どの発表もこれまでの練習の成果が発揮され、すばらしい発表でした。

競技終了後は、宿泊・交流会場である、国民宿舎 志んぐ荘に移動です。競技もすべて終わり、発表の振り返りはもちろん、他校の生徒と交流を深めます。宿舎や夕飯を通して、意見発表やプロジェクト発表(研究発表)の内容をお互いに講評し合いながら、意見交換を深めていきました。

r1kenntaikai8 r1kenntaikai7

明日はいよいよ大会式典、結果発表です。今日に向け一生懸命練習し、前日緊張で寝付けなかった生徒も多かったようです。今日はゆっくり休みましょう。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ パーマリンク