福祉科特別非常勤講師講演会「薬剤師について」

6月11日(火)福祉科、科目「こころとからだの理解」の授業にて薬剤師の堂ノ下真澄氏にお越しいただき、薬剤師の仕事や薬の基礎知識についてご講演いただきました。

img_0938

薬剤師になるためには、6年間大学に通う必要があります。学内での試験をパスし、長い時間実習に行き、そして、薬剤師国家試験をパスして、薬剤師となります。

薬剤師の仕事をする上で大切な力は、誰とでもお話できるコミュニケーション能力、システムを使いこなす力、情報を収集する力だといわれていました。

これは、薬剤師だけでなく、保健・医療・福祉の職を目指す受講生の生徒にとっても大切な力であると思います。

何か、お薬のことで困ったことがあったら、薬剤師さんに相談してください。きっとよいアドバイスを返してくれると思いますよ。

お忙しい中、どうもありがとうございました。

カテゴリー: 72回生, 73回生, 総合学科 パーマリンク