人と自然科 卒業式に向け先輩のためにコサージ制作中です

卒業式まであと10日となりました。先日は卒業式の屋外装飾に使われるプランタの準備について紹介しました。

卒業式の屋外装飾に使われるプランタの準備についての記事はこちら

今日は人と自然科2年生学校設定科目『フローラルアート』の教室をのぞいてみましょう。

h30sotugyousikikosa-ji12 h30sotugyousikikosa-ji0

学校設定科目『フローラルアート』の授業は、主にフラワーアレンジメントに関する知識や技術を学ぶ授業です。1年間授業で学んだ技術を活かし、有馬高校では卒業生が式典会場に入場する際、胸に付けるコサージを人と自然科の2年生生徒が制作しています。

今年有馬高校を卒業する3年生は233人。一つ一つすべて手作業です。

h30sotugyousikikosa-ji4

コサージにはいつまでも楽しめるように、人工の花材であるアーティフィシャルフラワーを使用しています。バラをモチーフにした花材と小花を組み合わせ、アイビーで緑を加え、テーピングでひとまとめに固定します。

h30sotugyousikikosa-ji2 h30sotugyousikikosa-ji5

そして花束の下の部分にリボンで装飾していきます。リボンも一つ一つ手作業で形を作るのですが、この作業が結構難しい・・・。お互い教え合いながら作り上げています。

h30sotugyousikikosa-ji7 h30sotugyousikikosa-ji8

作った花束とリボンを合わせたら完成です。

h30sotugyousikikosa-ji6

とってもきれいですね。とはいうものの卒業生は233人。花束の部分はどうにか完成しましたが、リボン付け待ちのコサージがまだまだたくさん机の上に置かれていました。

h30sotugyousikikosa-ji11 h30sotugyousikikosa-ji01

卒業式まであと10日。もう少し時間はかかりそうですが、先輩方にとって忘れられない卒業式のお手伝いができますように、一つ一つ気持ちを込めて作ります。楽しみにしていてくださいね。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ パーマリンク