人と自然科 卒業式にむけ会場装飾準備開始です

現在有馬高校では3年生が自由登校中。1.2年生のみで毎日の授業や部活動を頑張っています。そして3月1日(金)、3年生はいよいよ卒業式を迎えます。

卒業式まで約2週間。人と自然科の農場ではこの日、2年生の総合実習で卒業式の屋外装飾に使われるプランタの準備が行われました。

h30sotugyousikipurannta1

12月ごろから播種・鉢上げをして準備してきたパンジー6色をプランタに定植していきます。まずは苗選びから。ポイントは今きれいに開花している苗でなく、2週間後の卒業式当日に花が開花するつぼみを持っている苗を選ぶことです。

h30sotugyousikipurannta3 h30sotugyousikipurannta5

選んだポット苗は、枯れ葉や花がらを丁寧に取り除いていきます。

h30sotugyousikipurannta6

そして一つのプランタに10株ずつ定植していきます。2年間お世話になった先輩方に笑顔で卒業してもらうため、気持ちを込めて作業を進めていきます。

h30sotugyousikipurannta8 h30sotugyousikipurannta10

先ほども説明しましたが、卒業式当日の約2週間後の花の状態を想像して、今から上がってくるつぼみの方向を前に持ってくるように定植していく必要があります。これがなかなか難しい作業で技術が必要とされます。

h30sotugyousikipurannta9 h30sotugyousikipurannta7

定植後は仮置き場に運び、プランタの側面の泥汚れを丁寧に雑巾でふき取っていきます。

h30sotugyousikipurannta12 h30sotugyousikipurannta13

完成したプランタはこちら。全部で36セット完成させました。

h30sotugyousikipurannta15 h30sotugyousikipurannta16

今は少し寂しい印象ですが、ちょうど2週間後には株が張り、つぼみの花が開花を迎える予定です。本日制作したプランタは卒業式当日に会場である体育館周辺に設置されます。

ちなみに人と自然科では来週、人と自然科2年生フローラルアート選択生が、授業で身に付けた技術を活かし、先輩が卒業式で胸に刺すコサージの制作を行う予定です。3年生にとって素晴らしい卒業式になるように、現在各部署で在校生、職員一丸となって準備しています。

最後に少し話がそれますが、有馬高校の農場には、パンジー・ビオラの苗がまだまだ残っております。

h30sotugyousikipurannta0 h30sotugyousikipurannta2

パスカルさんだ方面から天神線の上り坂を上がっていただき、右手側(大きな温室の反対側)のハウスで販売しています。ご入用の方はぜひお越しください。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ パーマリンク