人と自然科 課題研究発表会開催

1月18日(金)人と自然科課題研究発表会を講義棟で実施しました。

h30kadaikennkyuuhappyoukai1

人と自然科3年生3単位(1週間に3時間)で展開されている課題研究という授業は、今まで農業や環境について学んできた知識や経験をもとに、生徒自ら課題を設定し、計画、実施、評価反省する科目です。この日は3年生が自分が取り組んだ研究をまとめ、1.2年生の後輩の前で発表しました。

h30kadaikennkyuuhappyoukai0

人と自然科は環境、野菜、草花の3つの部門があり、1.2年生はすべての部門を学びますが、3年生になると各部門に分かれ集中的に部門を学びます。さすが専門的な内容を学んできた3年生。大変ユニークかつ専門的な内容でした。代表的な発表テーマを紹介します。ちなみに司会進行や計時もすべて2年生の生徒が担当しました。

h30kadaikennkyuuhappyoukai2

まずは環境班。生物工学を利用したランの繁殖、ブドウや菌類の研究、ウッドデッキの制作など幅広い内容でした。

h30kadaikennkyuuhappyoukai4 h30kadaikennkyuuhappyoukai3

・アクアポニックスと水耕栽培による植物の成長の違い

・納豆菌を使った無農薬栽培

・ビタミン・カルシウムがナメコ・ヒラタケに発生に与える影響

・ラン科植物の無菌播種            など

次は野菜班。栽培方法を変えることで高品質な野菜を栽培する技術開発や、自然農薬など環境に配慮した栽培技術の確立を目指した研究が多くみられました。

h30kadaikennkyuuhappyoukai01 h30kadaikennkyuuhappyoukai11

・スイカの高糖度化とスイートコーンの秋作研究

・自然農薬の散布実験

・かん水方法の違いによるトマトの成長と糖度の違い     など

最後に草花班。有馬高校のシンボルである熱帯大温室の利用やハーブの利用、押し花コンテストで全国大会入賞報告など、人と自然科の特色を生かした発表が多くみられました。

h30kadaikennkyuuhappyoukai14 h30kadaikennkyuuhappyoukai02

・きれいに色づいた押し花を作ろう

・Welcome to 大温室

・用土の違いによる花苗の成長特性     など

どの発表も研究中のデータをしっかりと分析し、考察・反省を行っており素晴らしい発表でした。後輩もメモをしながら熱心に聞いていました。2年生は来年度の自分たちの課題研究に向けて、そして1年生は部門選択に向けて大変参考になったようです。さらにこの日から有馬高校を訪れているオーストラリアウィンマリーハイスクールの研修生も発表を聞きに来てくださいました。

h30kadaikennkyuuhappyoukai13 h30kadaikennkyuuhappyoukai9

すべての発表が終わった後、生徒がすべての中で最も興味を持った発表を投票。結果 野菜班専攻の工藤紗奈さんの『イシクラゲを活用した土づくり』が代表に選ばれました。

h30kadaikennkyuuhappyoukai11 h30kadaikennkyuuhappyoukai10

2月2日(土)の学習活動発表会で人と自然科代表として発表します。

最後に3年生全員で集合写真です。

h30kadaikennkyuuhappyoukai15

3年間の農業の学習いかがでしたか?とても充実していたと思います。農場の先生の目から見ても、みなさん大きく成長したと感じています。人と自然科での学び、経験を活かして次のステップでも頑張ってください。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。